図書館の予約が回ってきて、池井戸潤さんの「ノーサイドゲーム」読みました。私は、テレビの「ノーサイドゲーム」も見ているのですが、本のほうが描写が細かい分、人物の心理が深く感じられるし、より池井戸さんらしさが出ていて良かったです。
IMG_1756 - コピー
ノーサイドゲーム、本を読む前にテレビを見始めたので、私は、どうしても俳優陣に本の登場人物を当てはめてしまうのですが、テレビを見ていない夫は、「大泉洋も上川隆也も本のイメージとは合わないね。」と言っていました。先に本を読むと、そういうことはよくあるけれど、テレビが先だと映像に引っ張られちゃってだめですね~。やっぱり先に本を読んでからドラマで見るほうが順番としては好きだなあ。人物像を自分で好きに想像できるし。図書館で借りてるから仕方ないけど。

本がやたらと映像化される東野圭吾さんの作品も、だいたいはわたしのイメージと違う人が出てるから、ほとんど映像化された方の作品は見ませんが、なかなか本を読んで自分の思ってる人物像とピタッとくる俳優さんが配役されてることって少ない気がします。まあ、映像の方は、人選にいろいろなしがらみがあって、必ずしも本に合わせて選んでるわけではないんでしょうけどね。

↓応援、励みにさせていただいています。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ
にほんブログ村 犬ブログ 犬のいる暮らしへ