センスのない私ですが、先日、恩師の退職祝いがあり服装について考える機会が多かったせいか、周囲の方の服装にも目がいくこの頃。先日、お子様の卒業式帰りであろうご家族をお見かけしました。ご両親にお子様という組み合わせ。晴れやかなお式の後のせいかご家族も嬉しそう。

ですが、何となく違和感が???あれ、嬉しそうなのにママが喪服!?といっても、そのママさん、胸にはコサージュを付けられて、ストッキングもナチュラル色。きちんと晴れの日スタイルで喪服の装いではないのですが、黒のゆったりワンピースに黒のボレロ。まさしくよくある喪服デザインですが晴れの場にふさわしくアレンジはされているのです。

デパートではブラックフォーマルとフォーマルウエアは別な感じで陳列されていますが、通販だったり、お店によってはブラックフォーマルもコサージュを付ければおめでたいお席にも使えます!的な着回しがされていたりしますよね。私がお見かけしたのは、それを、忠実に実行なさったママさんだったのです。

ミニマムな暮らしも流行っていますし、卒業式にしか使えないスーツを購入するのは確かに無駄な気がします。ブラックフォーマルの卒業式などへの着回し。確かにこれができればこの時期服装選びに悩まなくて済むママさんたちも多いはず。ですが、モデルさんが思いっきり頑張って、それでもちょっと無理やり感のあるブラックフォーマルの着回し。やっぱり、普通の人が着ると喪服以外には認識できないかも。

でも、晴れの場にも着られますと謳っているブラックフォーマルもありますから、本来なら違和感があってはいけないはず。普通の人が着ても違和感ないデザインでなくては両用として売り出すにはいかがなものか。
洋服メーカーの方もここらで本気で着回しできる女性用のブラックフォーマルスーツを売り出してくれたらいいのに。と思いました。

私は、自分のセンスがいまいちなので、今回、違和感を漂わせながら喪服を卒業式に着られたママさん、なんだか自分を見ているような気持ちになりました。日頃と違う特別な日の服装。ただでさえわからないのに、いろいろ考えるうちに迷走し、「そうだ、ブラックフォーマルにコサージュをつければ晴れの日にも着られるってお店の方が言ってたわ。」なんて思われたのかもしれません。私も、洋服選び、気負うほど失敗することが多いのです。

今、普通に売られている女性用のブラックフォーマルはやはり、普通のアレンジ程度では喪服色を消すことはできないように思いました。ですが、喪服が汎用性のあるスーツとして生まれ変わってくれたら、ミニマムな暮らしを目指す人も増えていますし、便利だろうなあ。とあらためて思った出来事でした。

現在のブラックフォーマルは、オールシーズン対応できて、多少の体型変化にも考慮しているからなのか、やっぱり喪服でしかない感じです。なんとなくもっさりしたデザインというか・・・。多少の流行には左右されないようにとの配慮かもしれませんが、実際はそんなこともなくて、15年くらい前の喪服は肩パットががっちりなんてこともあり、あのもっさりしたデザインはそのままに、喪服は喪服ながらも一応流行の形にされているようです。

つまり、どうしても流行のシルエットは存在するということなのでしょうから、喪服色をもっと排除した、本当の意味でのブラックフォーマル。おしゃれな黒のスーツとかツーピースみたいなもの、もっとでてきてもいいのになあ。以前は、喪服は、形、丈、長さなどかなり細かく定義づけられていたようですが、最近は、冬なら、黒タイツも可。とか決まり事もだいぶ緩やかになってきていますしね。ブラックフォーマル姿を拝見しそんなことを考えさせられました。

恩師の退職祝いで上京して帰って来た時の夕ごはん。疲れたので、スーパーのお惣菜やお弁当を並べただけ。
DSCN1098 - コピー

最後までお読みいただきありがとうございました。
ランキングに参加しています。応援していただけましたら嬉しいです。

にほんブログ村

人気ブログランキング