婚約時、夫に送った某海外メーカーの腕時計。自動巻きというのかな。腕につけてる振動で巻かれるので、電池が必要ないタイプのものでした。メーカー推奨では、1年に一度(これは無理でも数年に一度)分解してメンテナンスするようにとのことらしいのですが、夫の腕時計、ほぼ毎日使用していましたが、なんと20年近く一度もメンテナンスしていませんでした。ずっとほったらかし・・・。

しかし、いよいよ時計が遅れるようになって、メーカーに修理見積りをしたところ、いわゆる分解メンテナンス費用だけで約3万円。その他、金属製のバンドの交換だの、細かいパーツの交換修理だので見積額はおよそ8万円!聞いたときはびっくりしました。た、たかい。おまけに時計の入院期間が1ヶ月にもなるそう・・・。

腕時計は、確か20万くらいで購入したものと思いますが、婚約の記念品だったから選んだもので、今、腕時計を選ぶならば、数万円で日本製のものを選ぶかも。メンテナンスするか、買い換えるか悩みましたが、結局、婚約記念の品だし。ということで、メンテナンスに出して、先日手元に戻ってきました。

ホント、高いよ~。と思いましたが、よくよく考えてみると、20年近く毎日使えた。加えて電池式ではないので電池交換もなし。と冷静に考えれば、高くはないのかな。バンドを交換したので8万円にもなってしまいましたが、バンドがメーカー純正のもので高くて4万円近かったので、それがなければ、メンテナンスと修理費用だけなら4万円くらい。20年近くメンテナンスもせず酷使されたのだから、頑丈でちゃんとした作りだったということか。

「良いものを長く使う。」と「安価なものを買い替えながら使う。」どちらもメリット・デメリットあるでしょうが、私自身、最近は衣類などは、かなりプチプラのお世話になっていますので、「安いものを買い替え派」かなあ。と思ったりもするのですが、ものによって使い分けが必要なのかもと思いました。

洋服は、流行りもあるし、年齢的なこともあり、くたびれたものを着ると小汚く見えがちなので、こまめに買い換えるスタンスで、清潔感を出す。(プチプラじゃないお洋服をこまめに買い換えられれば一番いいのでしょうが、我が家はちょっと無理なので、こまめな買い替えが必要なものは、プチプラにお世話になります。)

一方、長く使えそうなものは、品質重視で選ぶといいのかなあ。モノ選び、なかなか難しくて、いまだにちょこちょこ失敗もしていますが、特に消耗品以外のものを選ぶときは吟味して、好きなものに囲まれて暮らしたい。物は多すぎず、かといって少なすぎず暮らしにあった適正な量(これがまた難しい)を目指したいです。
DSCN3222 - コピー
↓応援いただくと励みになります。
にほんブログ村
にほんブログ村
人気ブログランキング