夕ごはんの記録、自分で見返すと献立の偏りや傾向が分かります。ぐうたら主婦なので、すぐに家事のモチベーションが落ちてくるため、写真に撮ることで良い刺激になっています。その割には・・・な夕ごはんね。というつっこみもあろうかとは思いますが、ぼちぼち頑張っていきたいと思います。

3/21の夕ごはん
〇雑穀ごはん〇豆腐と玉ねぎのお味噌汁〇塩鮭〇サラダ(芽キャベツ、ブロッコリー、ミニトマト、貝割れ、かにかま、クルミ)〇ほうれん草のお浸し〇納豆〇いちご(2人分)お味噌汁の中身など細かい部分は忘れてしまっていて、写真を見ながらたぶんこうだったような。という感じです。数日前の食事が思い出せない。物忘れがひどくなっていてまずいかも・・・。
DSCN1101 - コピー

3/22の夕ごはん
〇雑穀ごはん〇豆腐、人参、玉ねぎのお味噌汁〇春菊とシイタケの豚肉巻き〇金時豆(市販品)〇サラダ(芽キャベツ、ブロッコリー、ミニトマト)〇紫キャベツのマリネ〇ブラッドオレンジ(2人分)
野菜を豚肉で巻いたもの。何を巻いても美味しいですが、家にあった春菊とシイタケを巻きましたが美味しいです!春菊の香りがアクセントになり、シイタケのうまみも加わり、豚肉と合います。私は、巻いたお肉に小麦粉を軽く振って焼いています。味付けはしょうゆ、みりん、酒、砂糖で。紫キャベツ、色がきれいで春らしくていいですね。地方に住んでいて生産地が近いので、お安く1玉160円でした。
DSCN1105 - コピー

3/23の夕ごはん
〇鶏そぼろごはん〇茄子とシイタケのお味噌汁〇小松菜と厚揚げの煮びたし〇サラダ(ブロッコリー、ミニトマト、紫キャベツのマリネ)〇ブラッドオレンジ(2人分)
我が家の鶏そぼろ、一応栄養のバランスを考えて、人参とシイタケも入れています。鶏だけよりくどくなくて良い。と夫は言いますが、これは胃がもたれやすくなった中年だからなのかな。小松菜と厚揚げの煮びたしは栗原はるみさんレシピをアレンジしています。小松菜がお安いこの時期、頻繁に食卓に上ります。茄子のお味噌汁、以前は皮をむいていましたが、この頃は健康のため皮も食べるようにしています。お汁の色は悪くなりますけれどね。
DSCN1108 - コピー

3/24の夕ごはん
上から撮ってみましたが何だかわかりにくくてすみません。
〇雑穀ごはん〇豆腐とえのきのお味噌汁〇お刺身(鯵、サーモンいずれも2人分)〇小松菜と厚揚げの煮びたし〇アボカド、ミニトマト、かにかまのサラダ〇しらすとカイワレ〇納豆〇ブラッドオレンジ(2人分)
ブラッドオレンジがふるさと納税返礼品で届き、このところ毎日いただいています。毎日食べても飽きないおいしさ。いちごの季節でもありますし、好きなフルーツがたくさん出回るこの季節。うきうきします。
DSCN1118 - コピー

我が家の食卓で登場機会の多い納豆。朝はパンなのでどうしても夕ごはんでいただくことに。体にいいし、何となく納豆を食べると体調が整うような気がして積極的に食卓に並べるようにしています。ごはんに合うし、作る方としては1品楽できるし、家計に優しいお値段だしでほんと優秀食材ですよね。ただ、和食はどうしても塩分が多くなりがちですので、私は、納豆2パックに対し、1パック分のたれにしています。これだと、ご飯が進む濃い味付けではないですが、他におかずがあれば大丈夫ですし、年齢とともに少しずつ家庭の味は薄味に慣らすようにしています。外食やお惣菜も普通に取り入れているので、気休めかもしれませんが・・・。

最後までお読みいただきありがとうございました。
ランキングに参加しています。応援していただけましたら嬉しいです。