近頃、おしゃれなコーヒーショップがたくさんあるので、日本人の嗜好は、紅茶よりコーヒーが優勢なのかな。と感じています。私の周囲でも男性は断然コーヒー党が多いですし、女性でもコーヒー党が優勢のような・・・。コーヒーももちろん美味しいのですが、紅茶好きとしてはちょっと残念。

カフェでも、コーヒーにはすご~くこだわっています。というところは多いですが、こんなにこだわりのお店ならね。と思って紅茶を注文するも、色はついてるけど味は??の紅茶もどきが出てくることも結構な確率でありますので、やっぱりコーヒーの方が人気なのでしょうね。

そんな中、ルピシアさん頑張っているなあ。と思います。紅茶を含めたお茶屋さんながら、なんだか新鮮に感じます。古くからの日本茶屋さんという雰囲気でもなく、かといってハロッズやフォートナムアンドメイソンのようなイギリス伝統の紅茶屋さんとも違う。

店員さんが親しみやすくて親切なので、敷居の高い感じもない。そして、日持ちのするお茶は贈り物への用途が多いことがちゃんと配慮されており、多種多様な組み合わせでプレゼント用にしてもらえる臨機応変な対応。また、同じ銘柄のお茶でも、リーフタイプとティーバッグと両方作られていたりで便利。となかなか気の利いたお店で足が向きます。

さらには、ルピシアさんのビジネス戦略にのせられている気もしますが、毎号と届くルピシアだよりが、魅力的なのです。お茶好きな人には読み物としてもおもしろいですし、一緒についてくるおまけのお茶も楽しみ。このルピシアだよりは、一回のお買い物が3240円以上か、半年以内のお買い物合計が5400円以上で半年間送られてくるというサービスなのです。

左がルピシアだより。右が一緒についてくるお楽しみのお茶。
DSCN1132 - コピー

この戦略にまんまとのせられている私、ルピシアだよりをきらさないようついお買い物してしまいます。ルピシアだよりは紅茶にまつわるお話や、紅茶がより深く理解できるお話など紅茶好きには楽しい話題。そして、当たり前ですが、その内容にからめておいしそうな紅茶やお茶菓子のルピシア製品の提案が・・・。写真がきれいで美味しそうなので見ているだけでも満たされた気持ちになってきます。加えて毎号ティーバッグ1つ、リーフ1回分のおまけのお茶。次は何が送られてくるんだろう。というわくわく感がやめられません。

一部のお店か通販でしか購入できないお茶菓子などもあって毎号気になります。
DSCN1134 - コピー

ルピシアでは、常時お茶の試飲もされていますが、じっくり試せるルピシアだよりのお茶のおまけ。なかなかいいアイデアだと思います。家でゆっくり試飲できるので、美味しいと次回の来店時に購入したいな。という気持ちになります。

毎号、お試しのお茶が入っています。事前に好みのお茶の傾向を登録しておけるのですが、私はあまりフレーバーティーは飲まないため、フレーバーティーの入らないお茶を選んでいます。試飲なのにきめ細やかですよね。
DSCN1133 - コピー

ルピシアのお茶。お値段的にはリーズナブルとは言えないかもしれないですが、小さい単位から購入することもできるので、ちょっとしたお楽しみにはいいなあと思っています。私は、贈り物にルピシアを選ぶこともありますが、「お店は知ってたけど買ったことがなかったわ。飲んでみたらとても美味しかった。」という感想をいただいたこともあり、ルピシア、知ってるけど飲んだことがない。という方も結構いらっしゃるようなので、贈り物にもお勧めです。

ご訪問ありがとうございました。
ランキングに参加しています。応援いただけましたら嬉しいです。