何だか今年はポインテッドトゥの靴がはやっているのでしょうか?!とにかくそればっかりお見かけするのです。私は、地方在住で、センスもいまいちなため、ちゃんと流行を理解できていない可能性もあるのですが、少なくともやたらと目にするポインテッドトゥ!私が住む街に一つしかないデパートは、それ以外の靴が見当たらないといってもいいほどです。

スリッポン、ローファー風の靴までポインテッドトゥになっている・・・。果ては、ポインテッドトゥのスリッパを見かけたときには今年はいったいどうしたんだ。と暗澹たる気持ちになりました。私、ポインテッドトゥの靴が大の苦手なのですよねえ。足の形がドラえもんみたいな丸い足なんです。いわゆる、甲高、幅広というやつです。たて長というより、丸っこい足の形。だから、私の靴は履き古してくると、たいてい横に広がり無残な形になってしまうんですが、そんな足形に、ポインテッドトゥは、ただただ足の指が痛くなる窮屈な形で苦手なんですよねえ。

流行はアレンジしながらも繰り返していますが、以前も流行ったポインテッドトゥ時代。いつも、足の指が痛かった・・・。流行がすぎ、ラウンドトゥ時代が来た時は本当に嬉しかったのを思い出しました。(ドラえもん足には、ラウンドトゥは意外といい具合にフィットする気がします。)若い頃ならいざしらず、今はもう痛い思いをしてまで靴を履きたくない。靴は、おしゃれを左右するポイントになるし、本当は、靴こそ流行を取り入れるべきなんでしょうけれど、ポインテッドトゥの靴をみると、当時痛かった足の指の感覚がふわっとよみがえってきてしまうくらいの苦痛だったので、永遠にラウンドトゥの靴で私は過ごしたい。と思う気持ちが強いのですが、こう、ポインテッドトゥの靴ばかりだと、うっかり靴も買えないですねえ。巷にあふれる靴がみんな恐怖のとんがりに見えてきます・・・。

そこで、この春と夏、登場機会の多そうな靴を確認しました。今年の春夏、買い足さず乗り切れるかをチェックするためです。
まずは、歩きやすいヒールのない靴2足。これは、どちらとも今年購入したものではないですが、まだ今シーズンは大丈夫そうでした。とんがりしか売っていないこの街で、今年は靴の購入を何とか避けたいのでほっとしました。
DSCN1243 - コピー

続いて、以前も登場したことのあるヒルズアベニューの靴。こちらは厚底でとても歩きやすく、高さも5㎝程度あるので、足長効果もありお気に入りの靴です。いずれもまだ、大丈夫そうですが、気に入ったデザインの物が出たら、黒系、ベージュ系ともに買い足したい気もします。
DSCN1161 - コピー
この春、夏は靴の買い替えをしなくても何とか大丈夫そうだと分かり安心しました。しかしながらポインテッドトゥの靴。いったいいつまで流行るのでしょうかねえ。秋冬も街中とんがりだったらちょっと憂鬱です。もっとも、私の好きなヒルズアベニューは、歩きやすさをうたっているせいか、上の写真のようなラウンドトゥ型の靴が多いので、どんなにポインテッドトゥの靴が流行ろうとも全部がとんがってしまうことはないんじゃないのかな。と希望的予測を立ててはいますが、実際はどうなのでしょう。女性らしい色気があって、ポインテッドトゥの靴はとても素敵なのですが、痛くてどうにも履けない私は、引き続きラウンドトゥ型のかわいい靴もたくさん出てくることを期待しているのですが・・・。

最後までお読みいただきありがとうございました。
↓↓ランキングに参加しています。応援いただけると更新の励みになり嬉しいです。