近頃のコンビニスイーツ、びっくりするほど本格的だなあと感じます。庶民的な私の舌などすっかり騙されて、お値段手ごろ、気兼ねなく1つから購入できるコンビニスイーツの便利さを考えるとケーキ屋さんのスイーツ、かなり厳しいのでは。と思うことさえもあります。都会の場合、とんでもないお値段ではあるけれど、パティシエ〇〇のケーキのようなブランドで勝負できるものもあるのでしょうが、地方の場合、有名パティシエが少ないだけにとっても厳しいと思います。

私の住む街の場合、都会に比べるとケーキ屋さんのケーキの単価は良心的(1つ400円前後)なのですが、その分、お味も素人っぽいところもあったりで、玉石混交ではあるものの、コンビニスイーツ躍進のなか、消費者に選んでもらうにはなかなか大変なのではと感じています。そんななか、先日食べた地元ケーキ屋さんのケーキ。イチジクのタルトが非常に美味しかったのですが、食べていて、これこそが地方ケーキ屋さんの生き残りの鍵になるのでは?と思いました。

前列左のイチジクのタルト。これは、コンビニでは難しい??
BlogPaint

このタルト、イチジクを丸ごと使用していながらもお値段確か400円ほどと良心的。そして、さくっとしたタルト生地が非常に美味しい。またその上のアーモンド生地も甘さの加減が絶妙でさらにそのうえのクリームとイチジクを上手に引き立てていました。これは、コンビニにはできないのではないでしょうか。

タルトの醍醐味は何といってもそのさくさく感と香ばしさ。一日寝かせたしっとりしたタルトも悪くはないですが、さくさく香ばしいタルトを味わえるのは作り立てならでは。したがって、輸送の入るコンビニではなかなか厳しいのではないかと思うのです。また、コンビニスイーツ、全くないわけではないですが、イチゴなど傷みやすいフルーツを使ったものはやっぱり少ないように思います。つまり、いくら地方でもコンビニ価格でケーキ屋さんが売るには採算的に厳しいでしょうから、「フルーツ」や「タルト」を用いたもの。これらは個人のケーキ屋さんの強みになりうるように思うのですが・・・。逆に言うと、コンビニは日持ちするもの、輸送に耐えられるもの「チーズケーキ」「チョコレートケーキ」あたりは価格で勝負できる強みを生かしてケーキ屋さんと十分戦えるように思います。甘いものには目がないので、消費者としてはコンビニスイーツの大躍進は大歓迎ですし、そうかといって、地元のお菓子屋さんにはそこにしかないものもあったりで頑張って欲しく、お互いの個性を伸ばしながら、もっともっと美味しいお菓子がでてくることを楽しみにしたいのです。コンビニスーツ大躍進で、ちょっとこのところ元気がないと感じる地方のケーキ屋さん、独自の個性や強みを見つけて頑張って欲しいです!

お読みいただきありがとうございました。
↓↓ランキングに参加しています。応援いただけると嬉しいです。
にほんブログ村
にほんブログ村
人気ブログランキング

いつも応援ありがとうございます。