愛犬家なので、図書館に行くと犬関係の本のコーナーものぞくのですが、そこでみつけたのがこちら。ドッグトレーナーの中西典子先生が監修の、ナツメ社からでている『ウチの犬(コテツ)は、これでトイレ上手になりました。』です。
DSCN1639 - コピー

わんこのトイレトレーニングに関してのいろいろが1冊になった本なのですが、イラスト多め。マンガありで大変分かりやすいです。イラストのわんこたちがとにかくかわいくて萌え萌えです♪1冊丸ごとトイレトレーニングのあれこれなので、いろんなケースのトイレの悩みに対応できて、わんこがトイレトレーニングをマスターするには良書だと思います。我が家も以前愛犬がいた際、トイレトレーニングはかなり苦労しましたので、分かりやすくまとめられ、かわいいイラストに癒されるこんな本があったらよかったのに。と思いました。現在わんこがいないのに、この本が目に留まったのは、イラストが可愛かったからと、苦労したトイレトレーニングのことがどのように書かれているのか気になったから。一般的なドッグトレーナさんから提案されるトイレトレーニングの方法がこちらの本でも紹介されていましたが、マンガやイラストが多いので、初めてわんちゃんを迎えられた方にも理解しやすく頭に入りやすいと思いました。

余談ですが、もし、現在わんこのトイレトレーニングに悩んでいらっしゃる方がいらしたら・・・。我が家がドッグトレーナーさんから言われたのは、「トイレの覚えが遅い子はおおらかな子が多いんですよ~。」の言葉。こだわりのない性格だからトイレも気にしないタイプ。ということ。これは我が家は当てはまりました。こういう子、トイレの覚えは遅いけれど、神経質じゃないから、他の面ではとっても暮らしやすくていい面もあるんですよね。我が家の亡き愛犬、トイレを完璧に覚えるのに1年近くかかり、1週間で覚えた。という友人の話を聞いて落ち込んだりもしました。大変だったけれど、長時間かかって覚えたからなのか、完璧にマスターさせたからなのか、その後は、失敗も全然なく、何度も引っ越してもトイレは完璧でしたので、どうかおおらかな気持ちで根気強くトレーニングしてあげてくださいね。

亡き愛犬、生後3か月の頃。この頃はまだトイレトレーニング中なので、サークルに入っている時間も長かったです。「トイレ??おおらかな性格だから気にしないのさ!」
画像 002




応援ありがとうございます。更新の励みにさせていただいています。