以前、ミニマムとかお片付け関係の本を読んだ際、「なるほど、取扱説明書もいちいち取っておく必要はないのね~。」とばんばん捨てた時期がありました。すっきりしたし、物も減って良かった。と思っていたのですが、ここへきてたびたび不便だなあ。と感じる機会があり、今後は考えを改めようと思っているところです。

確か本の中では、「取扱説明書はとてもかさばるしほとんど見ることもない。捨ててOK。」とかって書かれていたような・・・。実際、多くの家電製品は、ネットでも取扱説明書がダウンロードできたりしますし、品番が分かればどうしてもの時は、ネットから検索したり、電話で聞いたりすることができるので必要ないかな。と思って、私もかなり思い切って断捨離したんです。

ところが、いざ、家電製品が謎の点滅をしただとか、久しぶりに(ずぼらぶりがわかりますね~)製氷機のお掃除をしようとか、洗濯機のお掃除モードはどうするんだっけ。などという時、いちいち面倒くさいです。アナログ人間の私は、ネットで取説を探すのも一苦労だし、紙ベースの取説さえあればちょこっと確認すれば済む話なのに~。と思うことが。家電製品が好きな方には、その程度の操作は取説見なくてもできるでしょ。って感じなんでしょうが、私は毎日使っている家電でも、いつもと違う操作をするときは訳が分からない。やっぱり取説が必要なんですよねえ。

結構かさばるし、定期的に見直さないと家電は壊れたのに取説だけあったり、いったいこれはなにの説明書なの?みたいなことにもなりかねない書類ではありますが、やっぱり取説はとっておこう。と思うのでした。

ちなみに、我が家、引っ越しが多いのですが、公共料金の引き落としに関しても、引っ越して1年くらい経ってから問い合わせが来たこともあり、この手の検針票なんかもすぐ捨てたくなるのですが、やっぱり2年分くらいはとっておくほうがいいのかな?ただ、そうすると書類は増えますよね~。さすがに2年分は書類が増えすぎるから、半年分くらいでいいのかなと思ったり。こちらに関してはまだ試行錯誤中です。
DSCN2512 - コピー

↓ぽちっと応援いただけましたら嬉しいです。
にほんブログ村
にほんブログ村
人気ブログランキング