2017年05月

黒光りする不気味なG(ゴキ〇リ)、ブラックキャップで一掃できました!

気候が良くなり、気持ち悪いG(ゴキ〇リ)に悩まされている方もいらっしゃることかと思います。我が家も過去、Gが出た住まいが2か所あり、不気味で本当に嫌でした。それとともに、ぐうたら主婦なので、家が不衛生だからGがやってきたのだろうか?と憂鬱な気持ちになりました。言い訳のようですが、もちろん不衛生によりGが発生というケースもありますが、多くは住居の構造上の問題、管理の問題だということが分かりました。我が家は引っ越しが多いのですが、住まいはいずれもマンションです。そのなかでGが出たマンションは2か所。1か所は築10年ちょっとのマンション。もう一つは新築マンションです。

私は、ぐうたらなのですが、以前は愛犬がいたため、拾い食いなどでの事故防止のため、食べ物を出しっぱなしにしたり、食べかすが落ちているような状態はありませんでした。また、食事作りのやる気がない日は、片付けまでの余力を考え、外食、デリバリー、お惣菜購入などと使い分けているので、(大きな声で言うようなことではないですが・・・)洗い物をキッチンに残したままにするようなこともありませんでした。愛犬がいたので毛の問題もあり、掃除機はずぼらながら毎日かけていました。それなのになぜ?とGを見ると、見かけたときは恐怖ですが、その後、主婦力がないことを再認識させられるようで、本当に嫌な気持ちになったものでした。

ですが、調べてみると、どうもそういう問題ではないらしいのです。Gは外から侵入してくることが分かったからです。マンションの場合、侵入経路の多くは排気口、エアコンの管など外部とつなぐ穴の開いた部分です。ここを伝ってGはやってくるようなのです。ですので、マンションにお住まいの方で、トイレやバスルームなどの換気部分のカバーを外した時、換気口が穴状だったりしたら間違いなくGの侵入経路となってしまいます。つまり、穴部分が網戸のようなメッシュ状で完全に覆われてたりすればGの侵入はしにくくなるわけです。これが分かると、対策できる形状のものは対処することができますが、賃貸で形状的にも無理な場合、やはりGの発生確率が高まってしまいます。

そこで、Gが出る住居の場合、Gを一掃する方法はないものか。我が家で有効だったのは「ブラックキャップ」でした。これは、本当によく効きました。2か所の住居ともブラックキャップでGとの遭遇はゼロになりました。このブラックキャップ、専門業者さんも使うような薬剤が入っているそうです。Gは、同じ巣に住む仲間で人の住居にやってくるようで、Gはこのブラックキャップの餌を食べると、巣に帰って死ぬそうです。そして、そのGを食べた仲間も死ぬようなので、最終的にGが住居に来なくなるという仕組みのようなのです。実際、Gの死骸を自宅で見たこともなく、いつの間にかGがこなくなりました。びっくりするほどよく効くので、Gにお悩みの方にはおすすめしたいです。

ところでマンションの場合、共用部などは定期的に消毒したり、殺虫剤を撒いたり、清掃したりしているはずですが、管理が行き届いているところだと、そういう対策でGや蚊の発生もかなり防げているようですので、日頃の管理も大事なんだなあと思います。また、外部との管で、穴状の部分がきちんとメッシュ状にカバーされているマンションの場合は、Gなど害虫の侵入もやはり圧倒的に少ないと感じました。そしてもう一つ、地域性も大きいですね。よく言われる北海道。ゼロではないのでしょうが、住居でGの発生。まず聞いたことがありません。温暖な西日本はGに限らず昆虫が多いとは感じています。また、近隣に飲食店がある地域。空き家が点在する地域はGが多いように思います。気の滅入るGですが、住まいに侵入させず、快適に過ごしたいものです。

補足ですが、ブラックキャップ、封を切ったばかりの頃はちょっと独特のにおいがありました。このにおいでGをおびき寄せるのでしょうけれど、その範囲は狭く、外に置けば外からのGをおびき寄せてしまいますが、住居内に置く場合、外からのGをおびき寄せることはないようなので、完全にいなくなるまで一定期間置いて、しっかり駆除した方がいいのかなと思いました。また、わんこがいる場合でも、高いところや届かない壁の部分などは問題なく置けるかと思います。その際、下に落ちてわんこが食べるという事故を考え、私は、養生テープで貼りつけていました。我が家のわんこは、ブラックキャップに特に反応することもなく、逆に臭いで体調を崩すようなこともありませんでしたが、ペットのいる場合は慎重に対応して、万が一の誤飲などがないように対策が必要かと思います。
DSCN1343 - コピー
最後までお読みいただきありがとうございました。
↓↓ランキングに参加しています。応援いただけると、ランキングが上がり嬉しく励みになります。
にほんブログ村
にほんブログ村
人気ブログランキング
いつも応援ありがとうございます。

図書館通い、たくさんの幸せと少しのうしろめたさ

図書館が近い現在の住まい。思っていた以上に充実しており、せっせと本を借りては読みふけるという、誠にぜいたくな暮らしで非常に気に入っています。引っ越しの多い生活なので、この幸運、長く続いて欲しいと願っているのですが、先日、とあるエッセイを読んでいて、図書館通いをあまり堂々というのも良くないのだろうか。と考えさせらてしまいました。

最近は、とにかく本が売れないのだそうで、(これは確かに聞いたことがあります。)それこそ、図書館の利用者がどれだけ増えようとも製作者サイドには1円も入らないという話。(まあ、当然ですね。)本が生まれるにはたくさんのお金がかかるけれど、そのお金は読者が払う本の代金から成り立つ。という当たり前の話といえばそうなのですが、私はそこまで考えたことはありませんでした。そのエッセイでは、図書館利用者を全否定しているわけでは決してなく、本は、購入する読者が支えているという大前提があるので、経済的に余裕がなく、図書館を利用する人も本を購入する人に感謝して欲しい。という内容でした。また、別の方のエッセイでも、本当に本が売れない。図書館とかブック〇フは作家にとってちっともいい施設ではない。というお話も読んだことがあり、どちらも好きな作家の方の文章であったため、大好きな図書館に行くことに、喜びとともにこのところ少しのうしろめたさを感じているのです。

もっとも、庶民である我が家の場合、欲しい本全てを買うにはやっぱり経済的負担が大きいです。できれば、ある程度厳選して購入したい。何度も読み返したい本。お気に入りの本は購入する。そのために、せっかく図書館が近い環境なので、いろいろな本に挑戦してみて、好きなジャンルや作家を増やして行く。前向きな図書館利用と、借りて読めることは買って読んだ方のおかげとちゃんと感謝しなきゃいけないんだなあ。と思いました。引っ越しが多いことから、物を増やしたくなく、借りて読めれば場所もとらなくてラッキーだなあ。なんて安易に考えていたのでちょっと反省しています。物を増やせない住環境であるならば、今手持ちの本と入れ替えれば済む話。本が好きで、これからもたくさんの本が生まれて欲しいと願っているので、時々は本を購入する喜びも味わいながら、上手に図書館利用しなければとあらためて感じているところです。

それにしても、こんな話題がエッセイに書かれているなんて、本がなくなる。なんて時代もきてしまうのでしょうかねえ。誠に残念です。そして、残念といったそばから恐縮ですが、ちょっと疑問な本の価格。庶民の私からすると、少し高いなあと思うのが最近のハードカバー、1冊2000円近くします。言い訳ですが、この値段を出してつまらなかった時のショックが大きすぎてなかなか買う勇気が出ないのです。文庫本でも昔は500円位で買えていたものが、長文の本が多いせいもあるのでしょうが、1冊700円から800円くらいする・・・。この価格は適正なのでしょうかねえ。文化的なものの価値はそもそも難しいでしょうし、本を製作するにはたくさんの経費もかかることでしょう。それに、それだけの深い満足感を本からは得ることができるではないか。といわれればその通りなのですが、う~ん、やっぱりこの頃本ってちょっと高いよなあ。と思ってしまうのです。若い頃は躊躇せず購入していた本も、この頃はすぐ、ちょっと待てばブック〇フで買えるかな。とかケチなことを考えてしまいます。これは、私がけちけち主婦だからなのでしょうかねえ。

図書館に行った後は、カフェでランチかお茶をして、読書というのが私のお気に入りコースです。最近、そば粉のクレープが食べられる静かなカフェを見つけました。嬉しいです♪
DSCN1367 - コピー
最後までお読みいただきありがとうございました。
↓↓ランキングに参加しています。応援いただけると嬉しく、励みになります。

にほんブログ村

にほんブログ村

人気ブログランキング

買ってよかった!イワキのガラス製保存容器

先日、イワキのガラス製保存容器(パック&レンジシリーズです。)を購入しました。2人暮らしの我が家。副菜は多めに作り、何回かに分けて食べ切ることが多いので、かねてから保存容器を探していました。候補になったのは、〇野田琺瑯無印(琺瑯とプラスチックあり)〇イワキ(ガラスとプラスチックあり)の3社です。それぞれ特徴が違うので、保存容器の使い方により長所とも短所ともなりえます。おおまかに列挙してみますと、

【琺瑯】
〇野田琺瑯は直火が可能。
〇臭いが付きにくい。
〇ガラスよりは軽い。
〇白いので、料理が映えるが、冷蔵庫などに入れると中身が分からない。
〇琺瑯部分は欠けやすい。
〇電子レンジは不可。

【ガラス】
〇イワキのパック&レンジシリーズは、蓋をしたまま電子レンジ可能で、蓋をとってオーブン可能。(角型容器の方です。イワキの丸型は確かオーブンがだめだったような・・・)
〇ガラスなので重い。
〇冷蔵庫に入れたとき中身が分かりやすい。
〇臭いが付きにくい。

【プラスチック】
〇軽くて扱いが容易である。
〇臭いが付きやすい。
〇蓋をとればレンジ可能なものもある。
〇デザインや色が豊富。

こんな感じでしょうか。私は、直火使用は考えていませんでした。(というか、そんなことは考えも及ばなかったです。)電子レンジ使用はマストであること。ずぼらなので、中身が一目瞭然で臭いもつきにくく、その意味ではお手入れがしやすいことからイワキのガラス製保存容器を選びました。ただ、最後まで気になったのは、重さです。ガラスとはいえ、頑丈そうな作りで扱い自体は大変そうではないものの、やっぱり他の素材よりは重いです。ですが、中身が見えることと、電子レンジOKであることが最終的な決め手となりイワキにしました。

それぞれ2つずつ購入。
DSCN1420 - コピー

容器を洗って、早速きんぴらを入れてみました。
DSCN1428 - コピー

冷蔵庫に入れてもすっきり収まりますし、何より中身が見やすくてとても良いです。重さにも慣れてきました。物を増やさない生活を心がけており、今まで使っていて古くなったタッパーは処分することにしました。

この2つは処分決定です。
DSCN1421 - コピー

そして、迷っているのはこちら。上は、購入した大きい方のガラス製容器です。下のタッパー3つをどうしようかと・・・。
DSCN1422 - コピー

そして、今後の検討対象に考え中なのがこちら。右はイワキ製のものですが、グラタンなどに使う容器です。
DSCN1423 - コピー

キッチン用品、だいぶ減らしてきているので、購入した数程度を減らせばちょうど良い感じです。丸形タッパー2つは処分決定なのですが、あと2つくらい減らしてもよいかなと思っています。順当に考えるとピンクのタッパーなのですが、ガラス製保存容器を使い始めて、ちょっと気になることが。この容器、多少の厚みがあるからなのか、タッパーに比べると容量が小さく感じます。思ったより入らない感じ。私の感覚なのかもしれないですが、今回購入した容器より大きなものをさらに2つ買い足し、その代わり、ピンクのタッパーと最後の写真のガラス容器をすべて処分することも考え中なのです。大きなガラス製保存容器があれば、最後の写真のガラス容器は必要なくなるかと・・・。イワキのガラス製保存容器。蓋をとるとそのままガラス皿として使えそうなシンプルなデザインなので、保存容器としての機能だけでなく、グラタン皿のような用途としても機能を発揮できそうです。多用途に使えるもの選び」は、シンプルでミニマムな暮らしを目指すうえでは大事なところかな。と思い、このところ買い物の際、私が意識していることです。ピンクのタッパーと、ガラス容器2つは、しばらくの間、我が家の利用頻度を見ながら、買い足す残す処分する。の選択をしていきたいと思います。

お読みいただきありがとうございました。
↓↓ランキングに参加しています。応援のクリックで順位が上がり、嬉しく更新の励みになります。

にほんブログ村

にほんブログ村

人気ブログランキング
いつも応援、ありがとうございます。

須賀谷温泉(滋賀県)へ1泊旅行~後編~

爽やかで気持ちの良い2日目の朝です。風薫る5月らしい陽気に誘われて、わんこのいない我が家も、お宿の周りを朝のお散歩に出かけました。お腹をすかせて朝食に備えるという目的もあります(笑)
夫は、朝の温泉も楽しんでいました。
楽しみな朝食。純和風でした。湯豆腐が美味しかったです。(すみません。写真を撮り忘れてしまいました。)朝はお食事処でいただくので、友人のわんこはお部屋にてお留守番です。会えなくて残念。美味しかったですが、コーヒー党の夫、コーヒーがないことが残念そうではありました。(こちらのお宿、コーヒーは自販機の缶コーヒーしかありません。お部屋も、お茶とミネラルウォーターが備え付けとなっているので、コーヒー党の方にはちょっと気になるかな。)

お世話になったお宿をチェックアウトして、今日のメインイベント、竜王のドラゴンハットに向かいます。お宿からは約1時間のドライブです。昨日のお肉で勝ち取った信頼はまだ有効のようで、友人のわんこ、朝からしっぽふりふりでご挨拶してくれました。ドラゴンハットでは、ショーにショップに大興奮で見て回り、久しぶりの大きなドッグショーを楽しみました。愛犬が2年ほどトリミングでお世話になっていたブリーダーさんのわんちゃんがショーに出ていました。

お世話になったブリーダーさんのわんちゃん。ショーの直前。ちょっと緊張の面持ちです。
DSCN1389 - コピー

「やっと終わった~」と緊張が解けて甘えん坊の表情ですね。
BlogPaint

楽しかったショー会場を後にして、次なる目的地、神戸六甲アイランドへ向かいます。竜王からは1時間半くらいかかりました。神戸ファッションマートビルに入るマストさんというペットグッズのお店が目的地なのです。この辺り、わんちゃん連れの方がたくさんいらっしゃいました。お散歩に良い場所ですね~♪マストさん、とても素敵なご夫婦がオーナーさんでした。私は、神戸の作家さんが作られているというペーパーホルダーを注文しました。出来上がりまで2,3カ月かかるそうですが楽しみです♪

そして、マストのオーナーご夫婦に教えていただいたわんこOKのリトル神戸というショップでちょっとお買い物。店内、ラブさんたちのいるあたりのお席はわんこOKでした。さらに奥にお菓子などが売っていました。
DSCN1397 - コピー


そして、この日、ファッションマートの前のローズガーデンがちょうど見頃でした。ガーデン自体はこじんまりしていますが、イングリッシュローズもたくさんあり、バラの良い香りに包まれて大満足。たくさんのお客様で賑わっていました。

とてもきれいに咲いていました。
DSCN1407 - コピー

DSCN1402 - コピー

DSCN1403 - コピー

DSCN1404 - コピー

DSCN1408 - コピー

DSCN1411 - コピー

DSCN1412 - コピー

DSCN1413 - コピー

DSCN1414 - コピー

DSCN1417 - コピー

たくさんの人やわんちゃんがバラとの記念写真を楽しんでいました。コスプレの方もちらほら。何かイベントがあったのでしょうか。微笑ましい光景でした。
楽しかった旅行もあっという間。こちらで友人家族とはお別れし、帰路につきました。今回の旅行、友人家族のおかげでわんこ三昧の旅となり感謝です。わんこがいると行けるところ、入れるお店は限定されますが、我が家も14年愛犬と暮らしていたのでやっぱりわんこ旅行がしっくりくるような気がします。ペットのいる暮らし、やっぱりいいですね。あらためて感じた今回の旅行でした。

最後までお読みいただきありがとうございました。
↓↓ランキングに参加しています。応援いただけると、ランキングが上がりとても嬉しく更新の励みになります。

にほんブログ村

にほんブログ村

人気ブログランキング

須賀谷温泉(滋賀県)へ1泊旅行~前編~

先週末、友人家族(ご夫婦+わんこ)と滋賀県の須賀谷温泉に行ってきました。このお宿、初めてでしたが、ちょっと秘境といった感じの静かな温泉宿でした。私たちは、土曜日の夕方、直接お宿で待ち合わせ。美味しいものと温泉を満喫し、日曜日は滋賀の竜王ドラゴンハットで行われるドッグショーを見に行ったり、神戸にもちょっと立ち寄ったりしました。盛りだくさんで楽しみな旅行になりました。

須賀谷温泉周辺には、彦根城などがありますが、この日は天気は回復傾向だったものの、午前中はあいにくの雨。そこで、我が家は、滋賀県竜王のアウトレットでぶらぶらしてからお宿に入ることにいたしました。こちらのアウトレット、お店もたくさん入っており他にはあまり入ってないかな。と思うお店もあったりでとても楽しかったです。私は、イワキのガラスのタッパーと、ローラアシュレイでエコバッグを買っただけ。残念ながら戦利品はありませんでしたが、たくさんのお店を見ることができて大満足です。

夕食に備え、お昼は軽めにパンケーキ。ポテトは夫とシェアしました。
DSCN1375 - コピー

こちらは、夫が頼んだパンケーキ。
DSCN1376 - コピー

夕方早めの時間でしたがお宿へ向かいます。
感じよく迎えていただきました。私が家は2階の和洋室をお願いしたのですが、こちらのお宿、1階の4室はペット同伴のお部屋です。友人家族はそちらで宿泊します。ペット同伴できるお宿、とてもありがたいです。

我が家が泊ったお部屋。こんな感じの和室の隣には洋室が続いてます。
DSCN1379 - コピー

こちらが洋室。写真には写っていませんが、テレビとソファーもあるので和室はあまり使わずほとんどこちらで過ごしていたような・・・。我が家は2人で泊まりましたが、和室にお布団を敷けば4,5人でも余裕で泊まれる広いお部屋です。
DSCN1378 - コピー

別に、お風呂やトイレもついているのですが、それぞれ非常にゆったり作っているので広いお部屋を希望する方にはいいですね。狭いマンション暮らしの我が家。広々しすぎてなんだかちょっと落ち着かなかったです(笑)温泉の大浴場は、昼間は日帰りのお客様もいらっしゃるようです。夕方からは泊り客専用となります。温泉好きの夫、到着早々、早速温泉に行っていました。
さて、楽しみな夕食ですが、犬連れでない方は、夕食はお食事処でいただくことになりますが、我が家は、友人のお部屋で一緒にいただきました。犬連れの方は部屋食にすることが可能なのです。

お品書きはこんな感じでした。
DSCN1386 - コピー

まずはこちら。向附までがのっています。
DSCN1380 - コピー

しゃぶしゃぶです。まだお鍋が出ていませんね。友人の許可をもらい、お肉を少し友人のわんこにあげたところ、わんこからの信頼をちょっと勝ち取ったようで、この後、私の隣にわんこが来て寄り添ってくれるという幸運に。わんこをはべらせてごちそうをいただく。う~ん、幸せです・・・。
DSCN1381 - コピー

こちらに鉢物までのっています。どれも季節を感じられて美味しかったです。
DSCN1382 - コピー

おなかははちきれそうですが、やっぱりご飯は食べたいです。
DSCN1383 - コピー

最後にデザート。お腹いっぱいです。
DSCN1384 - コピー

友人夫婦と楽しく犬談義しながら夜はふけてゆきます。亡き愛犬が結んでくれた犬友達です。愛犬がいたころ、2家族で旅行したこともありました。わんこの一生は短く、今回の旅行では愛犬の姿がないのはさびしいですが、こうして変わらずお付き合いが続きありがたいことです。翌日の朝食会場で落ち合うことにして、楽しい夕食はお開きです。

後編に続きます。

最後までお読みいただきありがとうございました。
↓↓ランキングに参加しています。応援いただけると嬉しいです。

にほんブログ村

にほんブログ村

人気ブログランキング
プロフィール

tutu_urara

夫の転勤に伴い、日本各地を数年ごとに転居する40代主婦です。各地での暮らし、住まい、お料理、愛犬との思い出などゆるりと綴ります。

スポンサードリンク
ギャラリー
  • 先週の夕ごはん
  • 先週の夕ごはん
  • 先週の夕ごはん
  • 先週の夕ごはん
  • 今晩23時59分まで、ローソンのウチカフェスイーツ半額!
  • 今晩23時59分まで、ローソンのウチカフェスイーツ半額!
  • sam、1才7ヶ月になりました♪
  • sam、1才7ヶ月になりました♪
  • sam、1才7ヶ月になりました♪
記事検索