2,3年前に断捨離して、かなり持ち物を減らしました。特に、洋服類は、結構少なくしたつもり・・・。したがって、自分の持っている洋服は管理できるようになりましたし、購入の際、お手入れはどうだろう。とか、今持っているあれを処分してお迎えしよう。とか、以前の私だったら考えなかったことにも考慮して購入できるようになっていたんです。

しかし・・・。この頃その徹底した約束事が雑になって破られてきている。「わあ、かわいい。安いから買ってしまおう。」と購入してしまったり、もっといけないのは、新しいパジャマを購入して、古いパジャマを一つ処分するつもりが、まだ着られるしとっておこう。と本来入れ替えるべきはずのものが、そのまま増えていってる・・・。

これじゃ、物の多かった断捨離以前の生活に逆戻りしてしまいそうで、ちょっと危機感を感じています。でも、なんでこのごろ物を増やしてしまっているのか。考えると思い当たることが・・・。

①引っ越しが多い我が家。現在の住まいに引っ越してきたのは昨年9月ですが、今までの住居の中では比較的広い。よって、収納場所に困らず、ついつい気が緩む。

②このところ、自分の中で、極端なミニマム化に対する疑問を持ち始めているんです。以前、ミニマリストに憧れた時期があるのですが、自分には無理だから、ミニマムとまではいかなくとも、シンプルで心地よい生活を目指そう。と思っていました。ところが、ミニマムを目指す過程のなかにシンプルを存在させるんじゃなくて、数ある選択肢の一つとしてシンプルを選ぶという考え方に変わってきました。物は厳選する。されど、数や量にとらわれすぎない。お気に入りがたくさんならば、ある程度は許容する。という気持ちに。

①はともかく、②がね。結構厄介で、自分としての落としどころ、見極めどころがまだ見つかっていなくて迷走してる気がします。断捨離したことによって、確かにすごくすっきりしたし、引っ越しも楽になりました。おまけに物の管理が格段にやりやすくなりました。こう書くといいことづくめのようなんですが、最初はそれで満足していましたが、時間が経つにつれむなしさを感じるんですよね。味気ないというか、潤いがない生活というか・・・。

日々の生活って、キャパをオーバーすると立ちいかないけれど、かといって遊びがない、ゆとりがないとそれもまた淋しい。それが物にも影響するように思うんです。例えば、洋服ならば季節に合わせて最小限着られれば。と減らしすぎると、私の場合、これだと大好きだった洋服を見たり買ったりする楽しみがなくなってしまうし、おしゃれの楽しみや張り合いもなくなってしまう。

食器もかなり減らして、引っ越しは本当に楽になったけど、やっぱり味気ない。例えば、ごくたまに食器を選ぼうとするときも、できるだけ数を厳選するべくとにかく用途の広い物。とかっていう選び方になっている・・・。もちろん、家の収納やら、予算にも限りがあるのだからある程度そういう考え方も必要なんだけど、遊びとか、ゆとりの部分。やっぱり生活には必要なんだなあ。と感じているところです。

そうかといって、物に囲まれた生活、それはそれで大変だったので、あれもゆとりある、潤いある生活ともいえないんですよね。「好きなものを厳選した自制の利いた遊びのある生活」っていうのが、いま目指したいところなんですけど、本当に難しい!!

断捨離するより、難易度がぐっと上がる気がしています。40代、物に囲まれ物に支配される生活も嫌だし、かといって、必要最小限すぎる味気ない生活もやっぱりさびしい。ものすごく難しいけれど、大人の知恵の行き届いた暮らしを目指して、意識改革していきたいです。あ、でも、まずは古いパジャマを入れ替えるか残すか早急に決めなきゃなあ・・・。
DSCN2932 - コピー
↓ぽちっと応援いただけましたら嬉しいです。
にほんブログ村
にほんブログ村
人気ブログランキング