おもに、朝ごはん用に使用していたお皿を1枚割ってしまい探していたところ、可愛いお皿を見つけセット価格でお安くなっていたので購入しました。

ニッコーの「モーブナチュール」というシリーズのものです。1つはコーンフラワーの柄。
DSCN3061 - コピー

もう一つはスイトピーの柄です。
DSCN3060 - コピー
これらがペアになってお安くなっていました。ニッコーのHPはこちらです。スプーンはついていないのですが、陶器のスプーンてかわいいなあ。と思って衝動買いしました。(口当たりが滑らかで使いやすいです。買ってよかった。)

重ねるとこんな感じ。コーンフラワー柄
DSCN3062 - コピー

スイトピー柄
DSCN3063 - コピー

お皿は「白が断然お料理をおいしく見せる。」とは思っているのですが、以前泊まったホテルで、ビレロイボッホのアマゾニアのお皿で朝食が出てきたことがあり、その時、「明るくてすごく気分の上がるお皿だなあ。」と、とっても気持ちよく朝食をいただけたので、朝使うお皿は、明るくて元気が出る柄物のお皿もいいかなあ。と思っていたんです。

ビレロイボッホのアマゾニアのお皿。
☆写真は、ビレロイボッホさんのHPよりお借りしました。
1035142610-m-01-dl[1]
特に、植物をモチーフにした柄のお皿って、爽やかななかにも生命力を感じさせてくれて朝にはぴったりだと思うんです。購入したニッコーのお皿も、植物柄で上品で爽やかな感じが気に入りました。そして、リムのないデザインが非常に今っぽく感じられる。

お皿の流行ってよく分からないのですが、やっぱり多少は流行ってある気がします。無地の白いお皿であっても、厚みとかリムの感じとか時代によってなんか違う・・・。お皿は、使用してるうちに傷が付いたり割れたりということもあるし、日常使いのものは、半永久的に使うっていう気持ちではなく、時々買いかえるもの。という認識で購入してもいいのかなと最近は思っています。(以前は、長く使えるものという観点で選んでいましたが、意外と飽きもくる。)もっとも、お皿の場合、有名ブランドの定番商品とか、アンティークとか、時代を超えて使える飽きのこないものもありますから、一概には区別できないところが難しい・・・。

新しいお皿が嬉しくて、嬉々として並べた朝ごはん。朝は、普段写真を撮らないので、焦って野菜ジュースを並べ忘れてます。エビフライは夕ごはんの残り物。ボールは、ヨーグルトにどうかと思ったのだけど、ちょっと大きすぎるかな。サラダとか、スープとかのサイズでしょうかね。
DSCN3072 - コピー

別の日の朝ごはん。ヨーグルトはこっちの方がしっくりきますね。
DSCN3077 - コピー

我が家の朝ごはん、変わり映えせず、卵のおかずのところが、多少変化する程度、あとは、野菜とフルーツ、ヨーグルト、パン、飲み物(野菜ジュースとコーヒーか紅茶)なので、だいたいこのくらいの量なんですが、さすがにワンプレートは無理みたい。花柄のお皿が20㎝くらい、紫のお皿が16㎝程度なので。朝ごはんだからワンプレートは楽でいいと思うのですが、そうなるとお皿は直径25㎝以上は必要ですかね。

まあ、花柄のお皿、夕ごはんのメイン皿としても重宝しそうなので、朝だけでなくいろいろ活躍させたいと思います。

↓ぽちっと応援いただけましたら嬉しいです。
にほんブログ村
にほんブログ村
人気ブログランキング