昨日、健康診断とワクチンの予定などの相談を含め、獣医さんに行ってきました。samは、予想通り全然動じずしっぽもピンと立っておりました!検便も問題なく、健康状態も大丈夫そう。ワクチンの今後の予定と狂犬病やフィラリア、ノミ・ダニ対策の相談もできたので良かったです。

はじめての獣医さんだったので、夫が半休をとって車で行きました。
獣医さんで。ピンぼけ写真でスミマセン。動きが早すぎて、全然撮れません。写真写りがいいのか、穏やかそうに見えるのですが、なかなかのテリア気質で気の強いお子様です(苦笑)
おしりから体温を測る時、「何するんだよ。」ってキッとなってました。先が思いやられます。
DSCN3623 - コピー

この日(5/22)は、体重1.8キロ。自宅の体重計は人間用で、samのサイズだとアバウトにしか測れないので、参考になります。この時期は毎日本当に大きくなりますね。朝見ると大きくなってる!くらいの感じです。

samが来てからまだ3日ですが、少しずつ性格がわかってきました。テリア気質が強く、気もかなり強い。勘が良く賢いが、嫌なことは絶対イヤ。と全力抵抗するので、この時期の関係性の構築がとても大事そうです。子犬とは思えない大声と奇声に近いような声で鳴くので、マンション暮らしの我が家は気が気でありません。

samを迎えた際、両隣のお宅にご挨拶には伺ったのですが、マンション内でのトラブルは、ペットの鳴き声がかなり問題になっており、神経をすり減らしております。

まだ、トイレトレーニング中ですし、目を離せる状態ではないので、家事や就寝時などちょこちょこサークルに入れることになるのですが、このときギャン泣き・・・。こちらを試してるようなんです。泣いたから出す。という方法は、しつけ上問題なのですが、ご近所迷惑も気になる。

サークルに入れるときは、コングのようなお菓子の入るおもちゃとともに入れて気を紛らせたり、人間の入浴時、クレートに入れて脱衣所に連れてくるとかいろいろ試行錯誤中です。しつけ教室も6月から始まるので、それまでに解決策が見つからなければ相談してみたいと思っています。

今日は、う◯ちをふみふみしてしまったので、足を洗おうと洗面所で後ろ足を持ったら大声で叫び、その後、「あ、足洗うだけか・・・。」みたいに平然としてました。大げさなところもあるんです。爪切りはこの世の終わりみたいな声で泣き大暴れだったので、トラウマになってもと諦めてしまいましたが、どちらかというと、トラウマになるタイプではなく、泣いて要求を通すタイプのようなんですがね。そうかと思えば、嫌がってるけど、歯磨きは平気だったり面白い子です。

男の子なので、甘えん坊でとっても懐っこいところがあり、かわいいんですけどね~。なかなか手強いです。ただ、テリアらしい子なので、上手に関係性が築ければ、将来的には、ものすごく愛すべきパートナーになってくれるんじゃないかと期待しています。飼い主、ガンバリマス!

同じような子犬育て中の飼い主さんのブログは参考にもなりますし、とても励みにさせていただいています。今はsamに手がかかり、思うようにブログを拝見できないのが残念ですが・・・。

先代わんこのときのように、一緒にお出かけしたり、旅行に行ったりしたいので、頑張りたいと思います。

↓応援いただくと励みになります。
にほんブログ村
にほんブログ村
にほんブログ村
人気ブログランキング