食べることが好きだから、レシピ本を見るのが好きです。美味しそうな食べ物。見てるだけで幸せな気持ちになります(^_^)レシピ本って、相性があって「あ~、これいいかも。」ってピンとくる本と、なんだかちっともピンとこないものがある。好きな料理家さんのものは間違いがないけれど、新しいのも開拓したいので(その割には、家のご飯のレパートリーが広がってないけどね・・・。)図書館で借りてきては眺めています。

お年頃のせいか、健康に気を使ったレシピ本が目下のマイブームなのですが、「聖路加国際病院の愛情健康レシピ」が思いのほか(失礼でスミマセン)いい感じでした。病院のレシピだから、借りたときは完全に見るだけ~。の気持ちだったんですが、これが今の私にはピンときました。
IMG_1494 - コピー
一品ずつ塩分、カロリーの表示がある。単品だけでの提案じゃなくて、表紙の写真のように、一汁三菜の定食型の献立として、組み合わせた形で30日分載ってる。お魚の献立が意外と多い。カロリーは500キロ台に抑えてあり、塩分も2グラムから3グラム以内である。その割には、ボリュームを感じられそうな献立。「マゴワヤサシイ」がしっかり入ってる。病院の普通食のメニューだから、変わった食材や調味料は使わず、お値段も家計に優しい食材が多い。など、実際に作れそうで、ハレの日のメニューじゃなくて、普段の御飯のメニューとしていいなあ。と思ったんです。それぞれの献立にちょっとした栄養知識や調理のコツが書いてあったり、読み物部分も非常に興味深くて納得できる内容で、これは手元において置きたい。と思いました。

この本の中で、糖質のこともちょっと触れられていて、主食の炭水化物が少なすぎると腎臓とか肝臓に負担がかかるという記載もありました。ちょうど、先日新聞で、主食のご飯とかパンを食べない糖質制限を十年単位で続けると老化が早まるという記事を読んだところだったので、なるほどなあ。と納得しました。

私が借りた本は、2012年3版となってるので、だいぶ前に出された本だけど、内容がベジファーストとか、発酵食品とか、油のとり方のコツとかちっとも古くない。むしろ、今実践したいと思ってることがいろいろ提案されてるんで、ワタシ的にはちょうど旬なんです。レシピ本は、油断するとどんどん増えちゃうから厳選しなきゃ。その割には、レパートリーは増えてないよね~。とは思っているのですが、これはいいなあ。図書館の返却期限まで眺めて、それでも欲しかったら買おうかなあ。もう少し悩みます。

↓応援、励みにさせていただいています。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへにほんブログ村
にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へにほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ 犬のいる暮らしへにほんブログ村
人気ブログランキング