先日、元トレンディ俳優さんだった方が、電車で旅している番組を拝見しました。
その俳優さん、ファンというわけでもアンチというわけでもないのですが、テレビを見ていて、良い意味でのしたたかさというか、折り合いをつけて生きていく姿に励まされました。

数十年前は、華やかなポジションにいた方が、街歩きをしながらお店の方に頭を下げたりするのは意外と簡単じゃないだろうなあ。と思いました。

もし自分だったら、プライドが邪魔したりするんじゃないだろうか。
ただでさえ、歳を重ねた姿を見せることは俳優さんとしてはあまり愉快じゃないでしょうに、生活のためと言ってしまえば身もふたもないけれど、ちゃんと歳とって、折り合いつけながら生きてるんだなあ。となんだか元気をもらいました。

誰しも歳は取るし、日の当たる場所にずっといられる人は本当に少なくて、多くの人はいろんなことに折り合いをつけて生きていかなきゃいけないのだけれど、スッキリさっぱり受け入れるのは結構難しい。

アラフィフの私、折り合いをつけなきゃいけないことがいろいろ出てくる年齢ですが、しなやかに、したたかに受け入れる器でありたいものだ。と思うのです。
なかなか難しいんですけれどね。

作りおきはいつも通りです。
小松菜、ブナピー、油揚げの煮びたし
茄子とヒラタケの煮びたし
ニラと人参のピリ辛和え
ピーマンと人参、舞茸のきんぴら
大学芋風
IMG_6647 - コピー
温かな応援、ありがとうございます。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ