住居

またまた引っ越すことになりました・・・

今の住まいに引っ越してきたのは3月。まだ1年も経っていませんが、夫の転勤が決まり、また引っ越すことになりました。現在の住まいは四国なのですが、四国内では2度引っ越しをしているものの、四国自体はもう3年以上になり、別の地方への転勤の可能性がずっとあったので、想定内ではありますが、度重なる引っ越しで少々面倒です。

次は関西です。四国からだと交通費はかかりますが、日帰りで一応行ける距離なので、物件見学は私も参加できそうです。まだ、家探しはネットで見ている程度なので、住まいが決まらないと何とも言えませんが、引っ越しは秋を考えています。夫は、その前に単身で赴任することになるので、しばらくはお気楽な独り暮らしとなりますが、引っ越しに備え断捨離しなくては。

このところ、ネットで物件情報を検索していますが、私は関西は勝手がわからず探すのが非常に難しいです。いわゆる地方都市への転勤の場合は、街が小さいので、予算に合わせて街に近いところから探し始めるのですが、今回の場合、大阪を中心に考え、いったいどちら方面に探せばいいのか難しいです。大阪中心部に近いエリアは我が家の予算では厳しいので、郊外に住まいを探そうと思うのですが、関西は大都会すぎて検索が難しいですね。ややこしいエリアなども混在するようですし、さらに我が家は新しくわんこを迎えることも考慮し、ペット可物件を探しているので余計ややこしいことになっています(苦笑)

関西は都会ゆえに、関東と同じく潤沢な予算がある方には選びたい放題なのでしょうが、残念ながらそうはいかない我が家。さてどうなることやら・・・。しかし、関西、おとり広告多いですね~。なんと、不動産屋さんに打診した18件のうち、現在広告通りの条件で募集中なのは1件のみでした。ええ~っ!びっくりです。お決まりの「もう決まっちゃいました。」物件も数件あったのですが、そもそもお値段、条件(ペットのこととか)が明らかに違っているもの多数。これはもう入力ミスっていうレベルでないよね。という感じです。関東、四国、北海道ではこんなにおとり広告はなかったので、慣れるまで戸惑います。最初は、そもそもの関西の物価の相場が分からなかったので、こんなことになりましたが、怪しい会社名も少しわかったし、明らかに怪しげなものを見分ける嗅覚を身につけなければなりませんねえ。ちなみに、不動産屋さんのお話だと、Ya〇ooは一番誇大広告が多いとかで、スーモかホームズで検索する方がまだましです。とのことでした。「まだまし」ってところに関西商人のたくましさを感じるわ(笑)

そんなわけで、今後不定期な更新になるかと思いますが、時々見にきていただけましたら嬉しいです。
DSCN1839 - コピー

にほんブログ村
にほんブログ村
人気ブログランキング

引き戸の部屋、とっても快適です!

現在の住まいは、分譲マンションに賃貸で住んでいるのですが、これがなかなか快適なのです。その一つが「引き戸」です。マンションの場合、和室への入り口が「ふすま風引き戸」ということはよくあるのですが、洋室やトイレ、洗面所の扉が引き戸というのは少ないかと思います。

というのも、最近の分譲マンションの場合、コスト的に安くつく開き戸が一般的で、引き戸はオプション扱いというケースが多いからかな。と思います。私も、引き戸の住まいは初めてで、どうだろう。と思っていましたが、3月から住みはじめて、開き戸より私は住みやすいなあ。と感じています。

①引き戸の場合、部屋のなかに扉が干渉してこないので、部屋を有効に利用できる。扉の開閉でおこるデッドスペースが発生しない。(これは、部屋の中に向かって扉があく内開き扉タイプの開き戸と比べた場合です。)

②開き戸のように風などで扉がばたんと閉まることがなく、扉を少しだけ開けておくなどできる。

③扉が戸袋に収納できるので邪魔にならない。

大きな特徴はこのくらいかな。と思います。また、感覚ですが、開き戸より引き戸の方が扉の開閉はしやすいように思います。マンションの場合、スペースが限られているため、トイレの前の廊下部分に収納があったりして、トイレの扉と、廊下の収納の扉がお互い干渉してストレスになる。という住まいが過去にありました。現在の住まいもトイレの前が廊下部分になっており、そこに収納スペースがあるのですが、トイレが引き戸のおかげで、扉同士の干渉が全くなく非常に快適です。ただ、短所としては、我が家では気になりませんでしたが、引き戸の場合、コンセント位置は開き戸より限定されてくるのかなと思いました。また、見た目ですが、好みの問題もあるかもしれませんが、おしゃれ度は引き戸より開き戸の方に軍配が上がるように私は思いました。

ピンボケですみません。トイレの引き戸。廊下側から撮っています。
DSCN1248 - コピー

おしゃれ度は若干落ちますが、私は、この引き戸が大変気に入り、もし、自分が今後新築マンションを購入する機会があれば、オプション料金を払っても引き戸にしたいと思いました。今まで開き戸が当たり前だと思っていたので気にしたこともなかったのですが、引き戸の部屋で暮らして、扉って意外と邪魔だったんだ。と気づかされました。引き戸のように扉がしまえると非常にお部屋がすっきり使えるように思います。

扉を閉めたときの印象は開き戸の方がおしゃれに見えるような気がしますので、閉めていることが多い扉は開き戸。開けていることが多かったり、少しだけ開けたい、または開け閉めが頻繁なところは引き戸などと使い分けるのもよいのかもしれないですね。何てことない引き戸ですが、便利なものですね。何度も引っ越ししていますが、あらためて住まいは奥が深いなあ。と思っているところです。

扉をとるのって難しいですね。何度とってもピンボケに・・・。すみません。洗面所から撮っています。この扉を開けると洋室につながっています。
DSCN1246 - コピー

最後までお読みいただきありがとうございました。
↓↓ランキングに参加しています。応援いただけると更新の励みになり嬉しいです。

にほんブログ村

人気ブログランキング

住みやすい家、快適な住まいとは(考えるもまとまらない私の現状)

住宅メーカーの宣伝文句のようなタイトルですみません。引っ越しが多い生活で、住みやすい家。快適な住まい。とはどういうことなのか常々考えさせられてきました。そして、現在も考え中ではありますが、ひとことでいうならば、状況変化、考え方の変化に対応できる住まい。なのではないかと思うようになりました。

人が人生を送る中で、すべて予想通り。ということはあり得ません。また、同じ状況でも、感じ方、考え方は様々なので、先人から教えを乞うてもこと住まいに関しては、すべてが参考になるとは言えないんじゃないのかな。と感じました。

よく、家は3回建てないと満足のいく家は建てられない。などといわれることもありますが、これは、建ててみて初めて分かる不具合もありますが、人が年を重ねる。そして時代もまた変わっていく。ということも関係しているように思います。

我が家も、以前マンションを購入し、売却した経験がありますが、その時、家具のインテリアに合わせ、床は濃いこげ茶。照明は電球色。としました。現在、住まいは変わっていますし賃貸ではありますが、目の老化で電球色は見えにくく昼白色にしました。また、今の住まいは白っぽい床の色ですが、明るくてとても気持ちがいいです。

この床の色、マンションを購入したころだったらどう思ったかな。と考えると、十数年前とは嗜好そのものは変わっていないつもりでしたが、選ぶものは変わってきているかも。と思いました。

ですので、理想は、状況や環境、考え方が変わったらそれに合わせて住み替えできれば理想なのでしょう。ヨーロッパの住宅のように古い建物でも値落ちしなければ良いのでしょうが、残念ながら日本では新築と中古では価格がまったく違います。

そうなると、住み替えしたい人は、資金面を考慮するとリスクの大きい分譲より賃貸ということになるのでしょうが、日本の場合、いわゆる賃貸住宅は分譲よりグレードが落ちる場合が多いのですよねえ。つまり、住まいそのものの快適性も落ちるわけでして、本来の住みやすい家、快適な住まいからは離れていってしまいます。

結局、住み替えを考えた場合でも、分譲、賃貸それだけを比べてもそれぞれの長所短所があり、快適な住まいって難しいんだな。となってしまい結論付けられずすっきりしません。ですが、今、たとえベストな家でも永遠ではない。人は状況も考え方も変化するんだ。ということを頭の隅にとめておけば、少しは快適な住まいへの道しるべが記されてくるのかなあ。なんて思いました。

このテーマ、私はよく考えるのですが、その割にはうまく結論が導き出せず不完全燃焼な文章となってしまいました。ブログに載せるべきか悩みましたが、考えても私のレベルでは難しいテーマだったな。という今の自分の現状としてすみませんが載せさせてください。こんな文章でしたのに、最後までお時間を割いて読んでいただきましたこと感謝いたします。ありがとうございました。

本文と関係なくてすみません。近所のパン屋さんでお昼ごはんを購入。(2人分です。)ただ、並べただけ。せめて、もう少しきれいに並べなくては・・・。取り皿も出し忘れ、この後慌てて取りに行きました。
DSCN1068 - コピー


にほんブログ村

人気ブログランキング

休日の昼ごはんと鳩問題を考える

我が家の休日のお昼、定番の味噌ラーメン。ラーメンは菊水の生めんタイプの物を使用しています。しっかりした味噌味なので、野菜がたくさん食べられます。もやしは定番ですが、玉ねぎを炒めたりしてもよく合います。
DSCN0954 - コピー

少し暖かくなってきたので、ざるそばです。(そばは2人分)おそばは、ざるそばが一番そばのおいしさがわかる気がします。うどんもそばも好きですが、ずいぶんお店での扱いは違いますよねえ。うどんは庶民派代表のような感じなのに対し、そばはこだわり派でちょっとお高めなイメージ。不思議です・・・。
DSCN0976 - コピー

タイトルに書いた鳩問題、関東(東京、神奈川)、札幌ではたまたまかもしれませんがあまり感じることがなかったのですが、西日本の地方都市に暮らして切実な問題として感じるようになりました。

鳩の愛好家の方が読まれたら気分を害するかもしれません。住むうえで鳩が迷惑というのは、あくまで人間側のエゴで傲慢な意見かと思います。鳩には何の罪もないのですから・・・。

こういった問題は、鳩の住む山や森の環境の変化などつまるところ人間由来で鳩を追い詰めたわけなのですが、それを言うと話が大きくなりすぎてしまいますので、ここではとても傲慢で申し訳ないのですが、人間側の勝手な都合でのお話となりますがご容赦いただければと思います。

西日本では今回の引っ越しを含め3件目の住居探しをした我が家ですが、鳩が住み着くマンションとなってしまい困っているところが意外と多いことに驚きました。いかにも鳥さんたちが好みそうな川のそば、森や大きな木が近くにあるなど分かりやすい立地ではなく、一見するとどうしてこのマンションだけがこんなにも鳩さんたちに好まれるのだろうか??というマンションが多数見られました。

見に行ったマンションの中にも、街に近く、周りには同じような建物がたくさんあるのに、なぜだかマンション自体が鳩さんたちから大人気物件となっているところがありました。そこは内見した際、バルコニーに出ると鳩の羽が散乱しており鳩さんもちょいちょいやってきました。よく見ると巣と卵までありました。(鳩さん、バルコニーにくると結構愛らしい姿なのですが、いかんせん羽毛の抜け毛が多量、糞も多数なので、このバルコニーに洗濯物を干すのは無理でしょうねえ。)

かなりびっくりしたのですが、不動産屋さんに伺うと、鳩さんは一度巣を作ると、何度撤去しても(人間の都合で本当にエゴでしかありませんが)また同じところに巣作りするとのこと。どうりで街の中には鳥よけネットをマンション全戸に張り巡らせたマンションも多数見受けられるはずです。

そのお部屋も相当鳩さん対策には頭を悩ませたのか、バルコニーにてぐすのようなものが張り巡らされていましたが、効果はないようでした。鳩さんと同居のマンションということではなかなか賃借人が入らないのでしょうね。契約したらすぐに鳥よけネットの工事に入ります。との説明がありました。

ただ、一度鳩さんたちの人気物件となると、自分の部屋だけ鳥よけネットの工事をしても、お隣などの隙間から侵入してくるそうで完全に防ぐことはできないとのこと。そこで、鳩さんとの同居を希望しない人間は、鳩さんから好かれていなそうなマンションを選ぶ、または、マンションごと鳥よけネットの工事がされているマンションを選ぶ方がいいとのことでした。

鳩さんたちがそこまでマンションに住み着いていない地域の方が読まれるとピンとこないかと思いますが、私も鳩さん被害の多い街に住むことがこのところ続き、我が家はまだそういったマンションには住んだことがありませんが、かなり住民の方がご苦労されているのを見て、このようなエリアでは鳩さんとの同居を望まないのであれば、その辺もしっかり観察して住居選びをしなければならないのだなあ。とあらためて感じているところです。

ちなみに、隣りどうしのマンションで同じような建物であっても、一方は鳩さん大人気。もう一方は不人気となっていたりで本当に不思議なのですよ。餌場からの距離とか、休みやすい場所とか構造とか複雑な要素があるのだと思います。

賃貸住宅であったり、中古マンションであれば見に行くこともできますが、新築マンションの場合、こういった地域の物件探しは本当に難しいでしょうねえ。現地を見に行っても、建物が立っていない状態では鳩さんはいませんから、建った後のことを予想するのはかなり難易度が高いかと思います。こういったエリアで分譲マンションを購入する際は、管理組合がしっかりしていて、そういった問題が起こった時に住民が積極的に対処しようと行動できるマンションを選ぶしかないのでしょうね。新築では管理組合の機能を予想するのは難しいですが、自分と似たような意識の人たちが購入してそうなマンションを選ぶしかないのかな。

以前、愛犬がいたときは、窓辺にやってくる鳥さんにわんこが激怒しておりまして、わんこの姿を見た鳥さんは恐れをなして二度と我が家のバルコニーにはやってこなくなる。というちゃんと生態系!?に基づいた図式なのかうまい具合にいっていました。

最後までお読みいただきありがとうございました。
更新頻度が落ちていますなか、見にきてくださり感謝いたします。

にほんブログ村

人気ブログランキングへ

新居が決まりました

転居先での住まいが決まりました。分譲マンションに賃貸で入居します。引っ越しは3月中旬です。物件数が少なかったので、どうなることかと思いましたが、決まってとりあえず一安心です。ただ、こちらの物件ペット不可のお部屋なので、ここに住む間新しくわんこを迎えることはできません。

実際、今の住まいでわんこOKに交渉してまで住んだものの、まだまだペットロスから抜け出せていない状況でして、いまだわんこを迎えることができないでいます。わんこのぬくもりがとっても恋しいです。ですが、新しく迎える気持ちにはなれず、叶わぬ夢ですが亡くなった愛犬とまた暮らしたいのです。どうしてもその気持ちから卒業できないでいます。ペットロス、なかなか抜け出せません。

そんなこともあり、今回は淋しいですがペットとの暮らしはできませんが、新しいわんこを迎えるために心を調える準備期間にしたいと思います。スピリチュアルなものはあまり気にしない方なのですが、これも旅立った愛犬が、「生まれ変わるにはもうちょっとかかるから待っててね。」と言ってくれているのかな。と都合よく解釈することにしました。

愛犬は、14年の犬生で4回引っ越しを経験したのですが、彼が住んだ5か所の住まいのうち、なんと新築マンションが3か所!1か所は、もう売却してしまいましたが、分譲で購入したマンションですが、残り2か所は賃貸なのに、新築でそれもペットOK物件。きれい好きのわんこでしたので、今になって思うと、愛犬が引き寄せた住まいなのかなあ。なんて思ってしまいました。

引っ越しまで1カ月ないので、ぐうたらな私ですが、自分のおしりをたたいて何とか頑張りたいと思います。我が家の場合、夫が先に転勤先に赴任し、後から引っ越しというパターンがほとんどでした。夫は赴任してから引っ越しまでは、会社の寮か、単身の借り上げ社宅に入り、週末だけ家に帰ってくるスタイル。これだと、引っ越しが近い時期、平日は夫不在のため、食事の支度も必要なく、引っ越し作業も自分のペースでできました。

ですが、今回は、家族そろって引っ越すので、引っ越し直前の食事の用意も必要です。一人なら、コンビニで購入したり、冷凍食品で済ませたりで計画的に冷蔵庫の中身の片づけや、キッチン用品も早々にしまえましたが、さてどうしましょう・・・。

面倒だわ。とまず思ってしまうのは、私が怠け者だから?はたまた鬼嫁なのか?あ、それとも両方か・・・。引っ越し前、最後の1週間程度は、外食や買ってきて済ませようかな。と思ったのですが、栄養のバランスを考えると、引っ越し先でも引っ越してすぐは料理どころでないと思うので外食することとなり、さすがに中年夫婦にはあまり好ましくないかな。ということで、目下、ワタミの宅食とか、夕食は配達してくれるお弁当を検討中です。(引っ越し前も、引っ越し後も何日もご飯を作れないなんてだらけた主婦ですが、体力がないのと、言い訳ですが、今の住まいはゴミの出せる日が決まっているので、瓶の調味料など計画的に処分しなければならず、引っ越し前は調味料なども限られて、私の主婦力では無理なのです。)

宅食、今まで利用したことはありませんが、1週間単位で頼めるので便利そうです。夫が、送別会などで無駄もでそうですが、1食分が外食より安いですし、栄養バランスも考えているのでよさそうですねえ。

ダンボールも届きました。まだ、箱詰め何もしておりません。何だかやる気がわかず・・・
DSCN0933 - コピー

こちらは、エアーキャップ(プチプチのことです)箱には、布団袋やガムテープ、食器包装用の紙が入っています。
DSCN0931 - コピー


1月からブログをはじめて、見に来てくださる方がいることが嬉しく励みになり、怠け者の私には家事のモチベーションアップにもつながっていました。今後も続けていきたいとは思っていますが、なにぶん、あれこれ器用にできないので、引っ越しが終わり落ち着く3月下旬ごろまで更新頻度が落ちてしまうかと思いますが、今後ともどうぞよろしくお願いします。

にほんブログ村

人気ブログランキングへ
livedoor プロフィール
スポンサードリンク
ギャラリー
  • 先週の夕ごはん【我が家では珍しくミートソースを作る】
  • 先週の夕ごはん【我が家では珍しくミートソースを作る】
  • 先週の夕ごはん【我が家では珍しくミートソースを作る】
  • 先週の夕ごはん【我が家では珍しくミートソースを作る】
  • 手術が無事終わり、退院の目途もつきました
  • 父の入院、手術で、今後親がさらに年を重ねる恐怖を感じています
  • 気が早いけど、ホワイトデーのお返しを考える
  • 気が早いけど、ホワイトデーのお返しを考える
  • 気が早いけど、ホワイトデーのお返しを考える