家具

モンクスベンチをテレビ台にリメイク

結婚当初、イギリスアンティークが好きで購入したモンクスベンチ。モンクスベンチとは、モンク(修道女)の間で当時多くもたれていたためその名前が付いた家具です。戒律が厳しかった修道女たちが、修道院に入る際、持ち物を制限されていたとかで、ベンチ、テーブル、収納の1台3役をこなせるモンクスベンチが人気だったそう。

お店で初めてモンクスベンチを見たときは、とても便利そうでいいな。と思ったものの、我が家ではテーブルの形にして、台としてしか使用することはありませんでした。そこで、モンクスベンチをなんとか加工してテレビ台として使えないか検討するも、私たち夫婦のDIY力では無理・・・。
あきらめていたところ、今住む街で、イギリスアンティークのショップを見つけ、そのお店の職人さんにリメイクしてもらえることとなりました。

リメイク前の姿を取り忘れてしまいました。すみません。こちらリメイク後です。テレビを載せ、ブルーレイを置いています。
DSCN0881

ブルーレイの下、収納スペースに板を入れてもらい2段になっています。このままでは中が丸見え、普段は布をかけて使用することにしました。
DSCN0887
こんな感じです。わんこがかわいくて購入するも、全く使用の機会がなかったティータオルがサイズぴったりでした。なんだか中途半端なリメイクのようですが、お安く仕上げてもらうため、職人さんとお話しした結果、このようなスタイルに。以前、家具のことはブログに書いたのですが(1/12の記事です)、現在、今後の家具をどんなものにしていこうか悩み中の我が家。

イギリスアンティークは大好きなのですが、濃い茶色はその重厚感ゆえ、狭い我が家では圧迫感につながることもあり、ソファーの買い替え時期が迫る中、ダイニングセットを処分し、ダイニング、リビング兼用タイプのテーブルと椅子にし、代わりにソファーをなくすことも検討中なのです。

そのため、まだ今後の家具の購入計画が決まらないので、テレビ台にお金をかけることは予算的に難しく、モンクスベンチを最低限加工してもらいテレビ台へと変身させることにしました。そもそも、元のテレビ台を使えばよかったのですが、今まで使っていたテレビ台はこのタイプ。ずっと、嫌で仕方なかったのです。
DSCN0885
結婚の際、当時はブラウン管テレビでしたが、そのテレビと一緒に電気屋さんで買ったテレビ台。ブラウン管用の幅ですし、いかにもオーディオセットのやっつけ家具という感じで好きになれなくて・・・。

そこで、台としてしか使用していなかったモンクスベンチをテレビ台に。このテレビ台はさすがに処分することになり、ほんの少し、家がすっきりしました。

ちなみに、モンクスベンチの加工内容ですが、テレビ台としては高すぎたので、テレビとブルーレイの間の部分が広かったのを狭くしてもらい、その分、高さを低くしてもらいました。また、台にした状態でネジで固定してもらいました。さらに、物が効率よく入れられるよう板を入れて、物の取り出し用に穴をあけてもらっています。

目指すは、すっきり片付いた家なのですが、道のりはまだ遠いです。ですが、今までは買い替える選択肢しか浮かばなかったので、リメイクしようと思ったことは良いと前向きに考えることにします。(自分に甘々ですみません。何しろ、センスがいまいちなものでして、センスの良い人のようにいろいろ上手に考えられないのです。この程度でも精一杯なのです・・・。)

最後までお読みいただきありがとうございました。ランキングに参加しています。
↓↓応援していただけたら嬉しいです。


にほんブログ村

人気ブログランキングへ
応援ポチありがとうございました。いつも励みにさせていただいています。

我が家の家具事情

夫婦ともイギリスアンティークが好きで、結婚時、イギリスアンティークのダイニングセットを購入しました。
オーク材のものなので、色は濃い茶色です。
当初はシックで落ち着いた色合いがお気に入りでした。

テーブルクロスの敷き方で分かりにくいですが、テーブルは長方形
ドローリーフテーブルなので、来客時は左右が引き延ばせます。
BlogPaint


それに合わせて食器棚はアンティーク調の物にしました。リビングに置く用です。
実は、もう一つ食器棚を所有しており、こちらはキッチンに置けるよう白いものです。
(当時の住居のシステムキッチンの色と風合いに合わせて)

ダイニングセットの椅子、張地はモスグリーンのビロードです。
後ろに映り込んでいるのがアンティーク調食器棚です。
画像 008

大きな食器棚×2と、重厚感のあるダイニングセット。
一生モノと思い購入しましたが、マンション住まいの我が家では、家具の存在感が半端ないのです。
確かに作りもしっかりしていますし、何より不具合が出ても直し、直し受け継いでいく。
物を大切にするイギリス人の精神に大変共感できますし、デザインも好みなのです。

ただ、ダイニングテーブルは、ニスの加工をしていない我が家の場合、濡れるのは良くないので、
必ずテーブルクロスを使用しています。布のテーブルクロスはたいへん汚れやすく
ずぼらな私には日々の洗濯が重荷になり、布のクロスの上から透明のビニールクロスを
かけています。よって、インテリア的には大変残念なことになっています。
ニスを塗って、クロスなしでテーブルを使うことも考えたのですが、せまい我が家。
濃い茶色のテーブルの存在感で一気にお部屋が暗くなってしまうのです。

加えて、パソコンの机替わりとして使っている棚もアンティークの物なので、
濃い茶色の存在感でまるで家具に囲まれて暮らしているよう・・・
さらに、LDにはぎゅうぎゅうで2シーターのソファーも置いています。

ミニマムな暮らしをしたいのなら、本当は食器棚を1つ処分するとよいのでしょうね。
現在、食器を少しずつ減らし、アンティーク調食器棚の方はだいぶゆとりがあります。
しかし、1つ処分するとあふれ出るであろうモノ・・・
今の我が家、食器棚1.5程度の物の量なのだと思います。
そんなわけで、背の高い食器棚2つは今のところ保留となっています。
完全に食器やキッチン用品の選別が終わり、分量が決まればまた解決策も浮かぶのでしょうか。

そして、2シーターのソファー。購入して10年以上たつので、生地の痛みはもちろん、
座面のスプリング部分が少し痛んできました。
生地だけならカバーの交換もできますが、スプリング部分の痛みはソファーの寿命のようです。
そこで、今後どうしようかと検討中です。

以前の私でしたら、ソファーが壊れる=ソファーの買い替え
しか思い浮かびませんでした。しかし、ミニマムに暮らす方の考え方を知り、
他の方法も考えるようになりました。
①ソファーなしで生活できないか。お財布にも優しく、お部屋は広くなりますね。
②ソファーは買うけれどもサイズなどを検討する。
③ソファーとしてもダイニングチェアとしても使える多用途の物を検討する。

①は、一番すっきりするのですが、我が家の場合、夫婦とも腰痛持ちなので、椅子に座る生活が
好ましい。ということで却下しました。
②はいまだに迷いがありますが、やっぱり、我が家のお部屋サイズにソファーというのは
今後の転勤も考えやめた方がいいのではないか。という気持ちになりつつあります。
そうなると③が今のところ一番いいのではないかと思っています。
ソファー、ダイニングセットともに処分して、ソファーとしてもダイニングセットとしても使える
テーブルと椅子を購入する。ただ、いろいろ探していますが、まだこれというものに出会えていない。
また、おそらく自分の気持ちとして、今のダイニングセットにも思い入れがあるのだと思います。
ということでなかなか結論が出せないでいます。
ソファーがいよいよ寿命を迎えるまでに、じっくり考えて結論を出したいと思っています。

それにしても難しいですね。インテリアの好み自体は変わってないように思うのですが、
生活の変化や、年齢を重ねて、かわいさより実用性に気持ちが傾いているように思います。
イギリスアンティーク、とっても素敵ですが、目の老化とともに、暗い色調は見えにくいのかなと
思うようになりました。木でも明るめの色だったり、白っぽいベースの物が最近はいいのかな。
と感じています。いままで持っている家具とのバランスだったり、
引っ越しのたびに住まいも変わるので、
どんなものを選べばよいのか悩みはしばらく続きそうです。


お読みいただきありがとうございます。
↓↓ 応援していただくと励みになります。


にほんブログ村
livedoor プロフィール
スポンサードリンク
ギャラリー
  • 父の入院、手術で、今後親がさらに年を重ねる恐怖を感じています
  • 気が早いけど、ホワイトデーのお返しを考える
  • 気が早いけど、ホワイトデーのお返しを考える
  • 気が早いけど、ホワイトデーのお返しを考える
  • 先週の夕ごはん【金曜日、一人ごはんはこんなです】
  • 先週の夕ごはん【金曜日、一人ごはんはこんなです】
  • 先週の夕ごはん【金曜日、一人ごはんはこんなです】
  • オリンピック、時差がないはずなのに・・・
  • 友人宅で美味しいケーキにうっとり・・・