思うこと

保険の相談に行ってきました。

住宅の次に大きな買い物といわれる「保険」。我が家の場合、まだ新婚と言えるくらいの頃、夫婦とも20代で入ってそのまんま。40代の今まで一度も見直しをしたことがありませんでした。見直ししなきゃとは思いながらも知識がないし、面倒だしでほったらかしていましたが、先日、郵便局で保険の勧誘をされた際、郵便局にもファイナンシャルプランナーさんがいらっしゃるようで、その方に今入っている保険を見ていただくことになりました。

郵便局の人が見てくれるんだから、きっと「かんぽ生命」を勧めるんだろうけれど、「保険の〇〇」とかよりはえげつないことはしないんじゃないかな。くらいの気持ちでしたが、相談してよかったかな。と思いました。最終的にはかんぽ生命の設計書をだして勧められましたが(笑)。

相談したことにより、全然理解してなかったり、古い話で忘れていた自分の入っている保険の輪郭が少しは分かった気がします。その時感じたことは、古い保険で一部言われているようなお宝保険に運よく加入できていた人は別として、特にお宝保険でない人の場合は、時々は見直しが必要なのかも。と思いました。保険の商品自体はどんどん新しいものが出るし、私たち自身のライフスタイルも数年前に考えていた姿とは違っていたり、そこで、このままがいいのか、保険そのものを見直した方がいいのか精査が必要なんだろうなと思いました。

ただ、とても面倒で気が進まない作業なので、私にはハードルが高くなかなかできそうにはないですが・・・。たまたまなのか、最近、立て続けに生命保険はいらない。という内容のブログを拝見していたこともあり、「我が家も保険を減らしてスリムな家計にしたい。」と思っていました。

ところが、保険のお話を聞いてちょっと気持ちが変わったかも。営業トークにのせられたか??と思わなくもないですが、保険の不必要な人は、うんとお金がある人。もしくは、現在最低限の生活費の捻出が困難な人。という両極端な人かな。と思ったりして。生活費の捻出が困難な場合は、保険に入るよりまず生活を立てなおすことが第一の目標になるでしょう。そして、うんとお金がある人は、保険にはいる選択肢も当然あるのだけれど、例えば働かなくても不動産収入だったり、配当金みたいに、お金が働いてくれるんです。くらいの資産がある人ならば別に保険という備えはあってもなくても好みの問題。という程度の話なのかな。と・・・。

どちらにも当てはまらない人こそが保険が必要なのかもなんて思いました。まあ、保険って突き詰めていくと、ライフスタイルとか考え方によっても全然変わってくるから、正解なんてないのかもしれませんが。

しかし、ひとついえることは、保険に入っている人も入っていない人も、時々は保険について考えることは必要なんでしょうね。それができないから今までほったらかしてたんですけれど。

それにしても、保険の説明ってホント難しい。資料を見ても理解できない。(わたしだけ??)郵便局のかんぽ生命の話で、実は一番私が食いついたところ。「郵便局はすべて対面ですので、高齢になっても安心です。」って点。

生命保険って、入るときは営業マンが積極的だけど、いざ質問とか請求とかのときは、手続きが煩雑で不親切だって聞いたことがあるので、子供のいない我が家。年を重ねて、保険の相談や請求の時、子供とか頼る人がおらず、年寄りだけでこの手の煩雑な書類の解決。果たしてできるんだろうか?って考えたとき、最寄りの郵便局に証券を持って行って、いつでも見てもらえるって安心な気がする。う~ん、やっぱり郵便局の営業にのせられたかな(笑)
DSCN2434 - コピー

↓ぽちっと応援いただけましたら嬉しいです。
にほんブログ村
にほんブログ村
人気ブログランキング

おばちゃんの親切で得をする♪

このところトマトが高い。我が家は普通のトマトよりミニトマトを購入することが多いのですが、スーパーでいつも悩む。ほんとに小さなパックで200円とか・・・。高いなら他の食品で済ませればいいんだけど、健康にも美容にもいいし、何より私、ミニトマト大好きなんです。いつも冷蔵庫に常備したいくらい。

そんなわけで、先日もスーパーのミニトマト売り場の前で立ち止まる。高い。されど食べたい。広告の品のミニトマト、大きいパックが398円。ミニトマトバイキングの大パックは358円??広告の品とバイキングの大パック大きさ同じじゃないの!!ものすごく得したような気持ちになり、ウキウキとミニトマトバイキングを詰めました。

そこへ、知らないおばちゃんが。私のパックを見て「これ、もっと入るで。蓋はふわっと載せてレジでは蓋閉まります!言うたら大丈夫やで。」と私のパックにミニトマトをどんどんのせてくれました。そりゃあもう、溢れんばかりに。おせっかいな感じだけど、なんて親切なおばちゃんなんや。と感激。

おばちゃん同士のお付き合い!?おせっかいな親切はおせっかいで返さなきゃね。というわけで、私も「広告の品のミニトマトのパックとバイキングの大パック同じサイズですよ!バイキングの方がお得ですよ!」とおせっかいしちゃいました。

あふれんばかりのミニトマト。レジは少々心配でしたが、何事もなく普通に通過。あらま、拍子抜けました。親切なおばちゃんのおかげで得をして、嬉しいお買い物でした。

これが戦利品のミニトマト。これでも20個くらい食べた後なんです!いかにもりもりに入っていたか。お味も非常に甘く大満足でした。
DSCN2462 - コピー

↓ぽちっと応援いただけましたら嬉しいです。
にほんブログ村
にほんブログ村
人気ブログランキング

アニマルコミュニケーションと生まれ変わり【犬の話】

突然ですが、アニマルコミュニケーションってご存知でしょうか?わんこやにゃんこ(存命の子はもちろん、亡くなった子も)と対話することで、その能力があるというか訓練を受けた方に間を取り持っていただくと会話できるっていうお話なんですが、あんまり占いは信じないけれど、これに関しては結構信じている私。しかしながら、ちょっと怖い気持ちもあって受けたことはないんです。

怖いっていうのは胡散臭いとかっていう意味ではなくて、会話したら亡き愛犬から飼い主としての厳しい評価を受けるのではないかという試されるのが怖い気持ちと、間を取り持っていいただくアニマルコミュニケーターさんに普段の私のぐうたらな生活態度が見えて恥ずかしい思いをするんじゃなかろうか(苦笑)という怖さ・・・。そんなわけで、亡き愛犬とお話ししたいと思うのですが、いまだにお願いしたことはないんです。

先日、次のわんこのことで、ブリーダーさんとお話しをしたのですが、その方がアニマルコミュニケーションにも造詣の深い方で、そんな流れからわんこの生まれ変わりについてお話しされていました。「強く願えば必ず次の子の姿になって帰ってきてくれる。」そういうパピー(子犬)は、パピーなのに大人のような表情をして、目つきが違うんだそう・・・。

アニマルコミュニケーションについては信じていない夫も、このお話には心を動かされたようで「うちの子は天然でちょっとぽわっとしたところがあったから、無事生まれ変わって間違えず我が家に戻ってこれるだろうか?」とすっかりその気になって心配していました。

ヒトより寿命の短いわんこやにゃんことの別れは当然のこととはいえ、やっぱり飼い主にはさびしいもの。考え方はいろいろだけれど、アニマルコミュニケーションや生まれ変わりを信じて救われる飼い主がいるならばありだよね。と思うのです。次に来るわんこ、「パワーアップして生まれ変わってくる。」なんて言われると夢がありますよね~。それに、先代の子とまた会える喜び。私は先代わんこに「茶色のかわいい男の子になって間違えず家にくるんだよ~」と念じているのですがどうかな??

現在上映中の「僕のワンダフルライフ」わんこの生まれ変わりのお話。非常に気になっています。見に行きたい気持ちと、まだ完全にペットロスから脱却できていない部分もあり人前でちゃんとみられるか不安な気持ちも。バスタオル持参で見に行くか。いやいやまだ内容的に映画館では無理かな。悩む~。

亡き愛犬。もう1度会いたいな。
af130811_TFD_2842

↓ぽちっと応援いただけましたら嬉しいです。
にほんブログ村
にほんブログ村
人気ブログランキング

これも作家さん泣かせの方法なのよね

9月に引っ越しをする我が家。今の住まいが図書館に近く、またその図書館の規模や質もとても良いので、図書館通いがすっかり生活の一部になっていたのですが、引っ越しによりこの環境とお別れすることになり、非常に残念です。そこで、予約していて明らかにもう回ってこないかな。と思っていた中でさらりと読めそうな本をカフェで読もうと思い立ちました。最近見かける、未購入の本も読めるという本屋さん併設のカフェです。

物を増やしたくないため、私はちょいちょい利用させていただくのですが、これもやっぱり本の売り上げには関係ないから、作家さん泣かせということになるのかな。いろんな作家さんのエッセイで、しばしば話題になる本の売り上げ減少による今後の本発行の危機。

そもそも、本を読む人自体が減る中、図書館が新刊をどんどん購入したり、ブック〇フみたいなお店があったりで、印税がピンチだという話。印税収入がなければ結局、作家さんも困るけれど、出版社にお金が入らず、出版社自体が本を作れなくなる。その存続自体が危ぶまれるって話。

良い本がたくさん出て欲しいと思うのだけれど、後ろめたい気持ちがありながらもやっぱり図書館のお世話になることも多い私。応援の意味もかねて本を購入しなきゃ。と思うのですが、物が増えることにも躊躇するし、けち臭い話ですが、本が高くなったなあ。と思うので、最近は購入頻度が減ってしまっています。

そんななか、未購入の本を読めるカフェでの読書、私としては、カフェ代をお支払いするので、図書館なんかに比べると罪悪感は少なくて、むしろいい方法だと思ってしまうのですが、印税の面からするとやっぱりメリットなしなんでしょうね。

カラオケボックスで歌われて印税収入が発生する歌のように、本も何か良い方法はないんでしょうかねえ。新刊が発行されなくなったら寂しいな。と図書館を利用しておきながら感じてしまうのですが、今の若い人達の間では、もしかして本なんてなくなっても構わないって人が多いのでしょうか??本の将来をあれこれ考えてしまう私は、やっぱりおばさんならではの発想なのかな?

未購入の本が読める本屋さん併設のカフェで。写真が下手ですが、ここのサンドイッチ、サーモンがどっさり入っていてバジルソースとの相性も良くかなり美味しいんです。写真ではおいしそうに撮れない・・・。
DSCN2051 - コピー

↓↓ぽちっと応援いただけましたら嬉しいです。
にほんブログ村
にほんブログ村
人気ブログランキング

老後は家事担当と仕事担当で分業する?!

夫の夏休み、今年は山の日(8/11)から20日までの10日間ありました!長かった~。9月に引っ越しがあるので、いろいろ予定が立たず旅行にもいかれなかった我が家。いやあ、四六時中一緒って煮詰まりますねえ。お祭りに出かけたり、ちょこちょこ外食したり、3食ご飯を作りつづける。みたいな生活にならないよう気分転換してたつもりだけれど、それでも日常生活が戻ってきてほっとしています。

やはり、長いお休みのとき旅行に行くのは、リフレッシュには必要なことですね。我が夫、穏やかな性格で、空気も読む方なので、普段の土日くらいではイラっとすることはあまりないのですが、それでも長い休み、ずっと一緒にいると疲れました。夫がどうこうというより、普段私は昼間一人でマイペースに過ごすことに慣れているので、マイペースに過ごせないことがストレスになったと思います。「マイペースで過ごしたい。」なんて、コミュニケーション能力の欠如?老化現象?と我が身の状況に若干危機感を覚えますが、おいおいの課題とすることにして(先延ばしはよくないのですが・・・)夫定年後のことに思いを巡らせ、こりゃ、なんとか対策を立てないといけないなあ。と思う次第。

もっとも、庶民の我が家、年金受給年齢が上がり、支給額も減らされるであろう私たちの老後。悠々自適に趣味三昧のような経済的余力は期待できず、体が許す限りは細々でも現金収入を目指さないと長生き社会に対応できなそう。しかし、体力のない私たち夫婦。家事も仕事もはとても無理。0.5人分+0.5人分の働きで1人前になるような生き方を模索することになるでしょう。そうなると、方法としては、
①それぞれがパートなどで少し働き、家事も分担。
②どちらかが家事、どちらかがパートなどの仕事にでる。
大きく分けて2つが考えられます。

夫に聞いたところ、料理などが全くできない夫。家事は無理。本当は働きたくないらしいが、家事か仕事なら仕事を選びたいらしい・・・。つまり、②ということですね。う~ん、私の理想は①なんだけどな。専業主婦の私には、パートに出るのは結構ハードではあるのだけれど、お互い衰える体と頭を考えた場合、夫婦双方がどちらの役目も果たせるほうが高齢になった場合は良いのではないかと思うのですよ。

私が倒れて、家の中に何があるかわからないでは困るし、もっといえば、お互い頭も鈍くなるわけで、少しずついろんなことを分業することが高齢期の家庭管理においては理想だけど難しいのかな。我が家の場合、専業主婦の私が職を得られるか。とか、家事能力のない夫が家事を少しでも習得できるか。とか課題はいろいろあるのだけれど、年を重ねてからのことを考える良い機会となった夏休みでした。

それにしても不思議。夫が夏休み中、トイレを掃除した後、夫がすぐにトイレに入ったりしようものなら、「何だ、何だ。今お掃除したのに~!」と生理現象にさえもちょっとイラっとしたのだけれど、亡き愛犬がいたころ、わんこ用トイレをお掃除するやいなや、愛犬がすぐにトイレを使用すると、「やっぱり、きれいなおトイレがいいんだね。かわいい子だわ!」と目を細めていたっけ。この違いっていったいなにかしらん??

可愛いと何かと得するわん!
IMG_1258
↓↓ぽちっと応援いただけましたら嬉しいです。
にほんブログ村
にほんブログ村
人気ブログランキング
livedoor プロフィール
スポンサードリンク
ギャラリー
  • 整形外科で叱られる
  • これが1年も2年も続くなんて…
  • 保険の相談に行ってきました。
  • 先週の夕ごはん【玄米で炊き込みご飯】
  • 先週の夕ごはん【玄米で炊き込みご飯】
  • 先週の夕ごはん【玄米で炊き込みご飯】
  • おばちゃんの親切で得をする♪
  • IKEAは食品コーナーも楽しい♪【ルバーブとラズベリーのクランブルミックス】
  • IKEAは食品コーナーも楽しい♪【ルバーブとラズベリーのクランブルミックス】