思うこと

妹が来阪してました♪

しばらく、ブログの更新が滞っていたにもかかわらず見にきてくださった方、ありがとうございました。先週から妹が来阪し、1週間ほど我が家に滞在してくれて楽しい時間を過ごしていました。おばさん二人(妹も40代です)がぺちゃくちゃ一日中おしゃべりしてました。しゃべり疲れましたが楽しかったです。

私は妹(2つ下です)と2人姉妹なので、子供の頃はよくケンカをしましたが、大人になると姉妹ってつくづくいいですねえ。彼女は、結婚してイタリア在住なのでなかなか会えないのですが、毎年関東の実家に里帰りした際に我が家にも来てくれるんです。

我が家は転勤が多いので、関東にいないことも多いのですが、地方にも会いに来てくれて姉としては大変うれしいです。その割には、妹滞在中は、お姉さん風を吹かせて(こういうと聞こえはまだいいですが、要は私、威張りん坊キャラです)、あれやこれや指図してましたが・・・

今回は、五十肩で私の体調がいまいちだったので、洗濯物なんかは全部やってもらっちゃいました。遠方から来てたのに、働かせてしまいごめんね~。これに懲りずにまた来年来てね~♪

そして、イタリア土産もたくさんいただいちゃいました。こんなのやら。
DSCN2678 - コピー

こんなのです。
DSCN2691 - コピー

写真の通り、全部食べ物!姉妹揃って食べることが好きなので・・・。
若い頃は、洋服や靴が大好きで、姉妹で一緒に買いものしたり、ファッションの話題が圧倒的に多かったのですが、気づけば美味しい物の話題と老化の話題が・・・。

妹のリクエストでアウトレットモールも行ったのですが、なぜか食べ物や食器ばかり真剣に見ていた私達。なんだか洋服を見る集中力がなくなってきたような。そして、試着が面倒で。と完全におばさん化してました。

と、なんやかんや楽しかったので、妹が帰ってしまい静かになった我が家が淋しいです。
年賀状やら、お正月準備やら何もしていないので、明日から取り掛からなきゃと消極的に思っています。(面倒くさいといういつもの悪い癖が・・・。)

↓ぽちっと応援いただけましたら嬉しいです。
にほんブログ村
にほんブログ村
人気ブログランキング

いくらおばちゃんでもそんなこと聞けないわ。と医療に思うこと

先日、いつもの(五十肩治療中)整形外科にリハビリに行ったところ、私がリハビリするベッドのお隣の女性もなんだか五十肩じゃないの?な症状。肩もあんまり上がってなくて、頑張ってるんだけど結構重症そう・・・。

一生懸命腕を上げてる姿を見て、理学療法士さんに、「いくつくらいですか?」って聞いたんだけど、今、文章にしてみて、確かにこのきき方、私が悪いんだけど、お答えが「○○さん(私のこと)と同世代ですよ!」って笑いながらおっしゃる。そして、お隣の女性も笑っていらっしゃる。

???「やだやだ。年じゃないですよ。肩の上がる角度を聞いたつもりがすみません!」慌てて、言うも、完全に誤解される聞き方ですよね~。全く、なんて聞きかたをしてしまったんでしょう。リハビリの際は、いつも前と後に肩の上がる角度を測るので、別の患者さんがやってると、これでどのくらいの角度?ってすごく気になるんです。

それで、思わず出た言葉なんだけど、もう、大変失礼なことを言ってしまいましたわ。さすがに、いくらおばちゃんの私でも、初対面の別の患者さんに開口一番、年なんて聞けませんわ。しかし、笑ってくれて隣の患者さんいい方で良かったわ。

その日は、偶然にもさらにお隣のベッドも同世代の女性。40代女性が3人並び、しかもみんなグレーのセーターだった・・・。重なる偶然にちょっと楽しかったリハビリなのでした。

そして、相変わらず憂鬱な診察。先生が怒るので1週間に1度は受けていますが、この日は採血までされました。前回の採血から1カ月しか経ってないじゃないの~。前回だって、血液検査は引っかかってないのですよ。どうやら、ここの整形外科では1カ月に1度血液検査するらしい。どう考えても頻度が高すぎるでしょ?内臓系疾患でもないのに。

こんなことをして、また診療報酬をとろうとしてるんだな!と思ってしまいます。こちらの費用負担も痛いですが、それでも保険診療、これじゃ、保険組合も苦しくなりますよね。医者の儲けのために、この国の保険医療はどんどんおかしな方向にいってる。整形外科に行くたび思います。

さらに自己負担の少ない高齢者の方は、病院へ行く垣根も低いし、多く出される薬や無駄な検査にも懐が痛まないから異議は唱えません。お金儲け主義の医者のいいカモに。う~ん、おかしいでしょ。仕組みそのものに問題が多すぎるように感じます。

思い出すのは、ペットと比べて大変申し訳ないのだけれど、去年亡くなった愛犬の獣医さん通い。獣医さんは全額自己負担ということもあるからか、血液検査のときなども費用負担を考えて、必要な項目のみ。とか、今回はどうしましょう。とか、お金のことも考えて診療にあたるというスタンスのところが多いように思います。

もちろん、ペットと人という違いが一番大きいでしょうが、本来、人間の医療費だって保険だからって無尽蔵に使っていいわけないと思うのです。医師の技量でちゃんと診察して、本当に必要な検査だけする。という形にしないと、費用はどんどん膨らみます。医師の能力が低いから検査に頼る部分もあるでしょうし、診療報酬目的もあるんでしょうが、今の医療、本当に歪んでるよね。と思うのです。(もちろん、いいお医者様もたくさんいらっしゃるとは思うのですが)

国民皆保険、これ自体は安心して暮らすためのいい制度だと思うので、この制度を若い人たちにもちゃんと残していけるように、無駄は省いて、ある程度の個人の費用負担は必要だと思うのです。細く長く制度そのものが続いて欲しいです。

↓ぽちっと応援いただけましたら嬉しいです。
にほんブログ村
にほんブログ村
人気ブログランキング

サラリーマン川柳より面白い!?

大阪・ミナミのなんなんタウン商店街振興組合が、今年の大阪弁川柳コンテストの優秀作品を発表したのですが、これがなかなか面白い。募集は全国から受け付けているようで、必ずしも関西在住の人ばかりが応募しているわけではないようですが、大阪らしさでてますね~

ちなみに今年の優秀作品はこちら。
大賞
早よ食べや いつまで写真 撮ってんねん

優秀賞
ノルウェイの 森から出るの いつやろか

あべ君とこ ソンタクロース 来るんやて


他には、
ナマズかて 近代出れば ウナギやで
二千本! 焼き鳥ちゃうで 鳥谷や
巨人より 上におるから まあええか
インスタ映え どこにおんねん そんなハエ

こんな感じで思わず笑ってしまいます。私は、「ナマズかて・・・」が一番のお気に入りなのですが、皆さんお上手でセンスが溢れてますね~。
ちなみに、こちら(なんなんタウンのHPに飛びます)に過去の作品が出ているのでご興味があれば是非。今年の作品はまだ更新されていないようですが・・・。

↓ぽちっと応援いただけましたら嬉しいです。
にほんブログ村
にほんブログ村
人気ブログランキング

専業主婦の本音と心中

先日、専業主婦の方のブログで、専業主婦でいることに対し、稼ぎがないということで、不甲斐ないと感じることもあるけれど「選択できる幸せ」と書かれているのを拝見し、「ああ、こういう前向きなとらえ方、いいなあ。」と思いました。その方は、セレブな奥様のようなのですが、文章からとても素直でクレバーな雰囲気が伝わってきて、自分との共通点は全然ないのだけれど、時々ブログを拝見してるんです。

「選択できる幸せ」って、言われてみればそうなのだけれど、自分では気づけなかったことなので、なんだかすごくホッとする言葉です。というのも、私は、結婚して17年、数年、パートで働いたことはあるのですが、専業主婦歴が長く、かといって、家事完璧、おうちのことが大好きです!みたいな理想の奥様には程遠く、なまけものなので、専業主婦という立場に肩身が狭い思いを度々してきたので・・・。

我が家、子供もいないので、「毎日暇でしょ。」とか「やることないでしょ。」といわれると実際時間はあるので余計肩身が狭い。子育てに一生懸命だったり、家事全般がすごく丁寧だったりするならば、専業主婦に誇りを持てるのだけれど、私の場合は単なるぐうたらだからなあ。

転勤族なので、友達作りを兼ねて習い事をしてみることもあるのですが、それなりに楽しいとは思っても、なかなか夢中になれることってみつからない。正直、家やカフェで本を読んでるのが一番好きかも。なんて思ってしまう。ならば、働けば。と思うのですが、体力がなく根性もないので、家にいた方がお金使わないんじゃないの。なんて消極的に考えてしまう自分がいるのです。(逃げてるだけなんだろうけれど)

そして、働くこともせず、習い事も中途半端、モヤモヤと自己嫌悪に陥ってしまう。拍車をかけるのが、「女性総活躍社会」とか、働く人が偉い。当たり前。という風潮に変わってきてること。時代に取り残されているといえばそうなんだけど、「永久就職」なんてもはや死語だし。女性の活躍や男女平等は喜ばしいことなのでしょうけれど、そういう方向に向けて大きな声を上げているのが、バリバリのキャリアウーマンばっかり。普通の人の本音とか幸せは本当に総活躍社会なのかな。なんて、ひがんでみたり。

私の場合は、怠け者だからかもしれないけれど、専業主婦でいることに対して不満はないんです。むしろ、のんびり暮らせて夫には感謝しています。社会で働く。お金をいただくことってやっぱり厳しいなあと思うから。けれど、みんなが働く世の中になってくると取り残されてる感もあるし、正直焦ります。このままじゃいけないんじゃないかって・・・。それに、我が家の場合、庶民なので、子供がいないのだからこそ老後に向けてお金を貯めなきゃいけないのだろうけれど、老後のことばっかり考えて生活するのも何だかなあ。

と、定期的に訪れるモヤモヤループの中で、「選択できる幸せ」ってすごく新鮮に感じました。人生は1回きりなんだし、今の生活を楽しんだり前向きにとらえなきゃいけないなあ。とあらためて感じているところです。もっとも、私の場合、このぐうたらをなんとかして、もう少し自信の持てる生活態度にあらためなきゃいけないのですがねえ。つまるところ、だらけた生活態度が自信を無くして悩みに発展してるんだから・・・。

お断り:私の心のモヤモヤを書いたもので、別の立場にいらっしゃる方等に対して意図をもって書いたわけではありません。もし、御気分を害された方がいらっしゃいましたら、他意はなかったのですが、配慮が足らずすみません。
DSCN1302 - コピー
↓ぽちっと応援いただけましたら嬉しいです。
にほんブログ村
にほんブログ村
人気ブログランキング

粉もん文化が幅きかす

関西に引っ越してきて、「やっぱり粉もん文化だなあ。」と感じます。私の住むところが大阪の下町ということもあるのでしょうが、家の近所にタコ焼き屋さん、お好み焼き屋さんはいくつもある。お祭りでもないのにお好み焼きやたこ焼き、ちゃんと売れてるのかしら。(大きなお世話ですね)と思ったのですが、平日の昼間でもちゃんと売れてます。お昼時なんて待ってる人もいるくらい。お昼ごはん用でしょうか?

お腹が空いているといい匂いにつられそうになりますが、我が家、休日の夕食にお好み焼きやたこ焼きをすることもあるので、外で購入してまでは。と買ったことはないけど、本場のタコ焼きやお好み焼き、一度食べてみたいような気もします。

私にとってお好み焼きとかたこ焼きの位置づけは、ピザとおんなじくらいかな。すごくおいしくて、たまに猛烈に食べたくなるけれど、食べた後は結構胃がもたれたりする(年のせいか?)のでしばらくは食べなくていいかな。と思うような、美味しいんだけど、時々食べたいものっていう感じなのです。

でも、粉もん文化の本場の人は違うんだろうなあ。なぜなら、街中にこれだけお店があるにもかかわらず、スーパーもお好み焼き、タコ焼き関係の売り場がものすごく幅きかせてます!まず、魚介売り場はタコが結構な幅を占めてるし、お肉売り場は、「お好み焼き用」と表示された豚バラ肉が・・・。粉売り場や乾物売り場の関係商品もたくさんあるし、当然お総菜売り場にもお好み焼き、タコ焼きはマストです。

そして極めつけは冷凍食品売り場。お好み焼き、タコ焼きの種類が多くてびっくり!そのせいか分からないけれど、冬になると食べたくなる私の好物、今川焼の冷凍食品が見当たらなかった。あんまんの冷凍もなかったし・・・。

外食、中食、手作り、粉もん文化はありとあらゆる形で食生活に溶け込んでいますよ~。おうどんも関西は美味しいし、関西でも神戸の方は、ケーキやパンのお店が多いしで、関西は、粉もんというか、小麦粉文化だなあ。と感じます。

小麦粉文化、いろいろ美味しい物がたくさんで楽しいですが、ご飯に比べてすぐお腹がすいてしまう。と思うのは私だけかしら・・・。
DSCN2433 - コピー

↓ぽちっと応援いただけましたら嬉しいです。
にほんブログ村
にほんブログ村
人気ブログランキング
livedoor プロフィール
スポンサードリンク
ギャラリー
  • 先週の夕ごはん【妹滞在中でも普通のごはんでした・・・】
  • 先週の夕ごはん【妹滞在中でも普通のごはんでした・・・】
  • 先週の夕ごはん【妹滞在中でも普通のごはんでした・・・】
  • おばさん姉妹、若見えについて語り合う
  • 亀田の柿の種を姉妹で検証!?
  • 亀田の柿の種を姉妹で検証!?
  • 妹が来阪してました♪
  • 妹が来阪してました♪
  • 先週の夕ごはん【無垢材テーブル使い始め】