思うこと

土用の丑の日と月命日

今日は、土用の丑の日。私の住む街、異常に蒸し暑く、雨も降る予報なのに最高気温は34℃予想!しっかり栄養をつけるにふさわしい体力を消耗しそうな陽気です。こりゃ確かにウナギでも食べて、体力をつけないとばててしまいますね。私も早速夕食用のウナギを冷凍庫から冷蔵庫に解凍すべく移しました。

蒸し暑い今日は、昨年亡くなった愛犬の10回目の月命日。彼の旅立った日も蒸し暑く小雨の降る日でした。そして、彼は、ウナギが大好物でもありました。我が家、ウナギは頭付きの白焼きを食べるのですが、頭は人間は食べない。けれど高価なウナギ、捨てるのはもったいないというわけで、毎度わんこの口に入ることになっていました。白焼きなので、味もついていないしわんこ用にちょうど良い。ついでに肝もわんこにあげていましたが、さて、今年はどうしましょう。少しずつ愛犬のいない暮らしに慣れてきて、彼とはもう暮らせないのだという納得もでき、新しいわんこと暮らしたい気持ちも芽生え始めているこの頃。気持ちが落ち着いてきたと思っていたのですが、やっぱりこういう日はちょっとしんみりしますねえ。もう一度会いたいよ。

転勤族で、お盆も7月だったり8月だったり地域によって異なりますので愛犬も混乱するでしょう。月命日だし、ウナギだし、きりがいいから今日帰っておいで。待ってるよ。そんなことを思う朝のひとときです。

さて、今日も一日元気に過ごしたいと思います!

亡き愛犬、10才の頃。
DSCF6444

↓ぽちっと応援いただけましたら嬉しいです。
にほんブログ村
にほんブログ村
人気ブログランキング

応援ありがとうございます。更新の励みにさせていただいています。

ダサいおばさん、イタイおばさん

夏のバーゲンも終わりかけだというのに、いまだこれといった戦利品に出会えない私。地方在住なので、お店が少ないというハンデがあるものの、インターネットで上手にお買い物を楽しんでいらっしゃる方のブログなどを拝見すると、素敵なお買い物ができない自分を顧みて、「おばさん化が進んでいる。」と残念な気持ちになります。

ミニマムな暮らしという観点から見れば、買い物をしないのは持ち物を増やさず家計にも優しい。ということで、推奨すべきことなのかもしれませんが、若い人ならいざ知らず、おばさんの極度なミニマム化(特に洋服と身だしなみ)は、おしゃれとのバランスが非常に難しく、私にはハードルが高い。よって、厳選した物選びによりシンプルなおしゃれを目指したい。と、このところ思っている私。しかし、ネットショッピングをすればかなりの高確率でおかしなものを選んでしまう。ワンピースやトップスなど、この夏購入したいものはあるのにしっくりくるものが見つけられず、なんとなく古びたダサいシルエットの格好でうろうろしているので、気持ちまでネガティブになってきます。いけない。いけない。やっぱり、少しずつでも気持ちの上がるお買い物をして、前向きな気持ちで過ごさないといけませんねえ。

先日も、久しぶりに履いたスカートが何だか変。鏡でつぶさに観察すると、どうもスカート丈が今どきじゃない模様。微妙にひざがちらっと見える丈。今年は、ロングやミディの丈が多いように思うので、丈が中途半端に短く、古臭く見えてるようなのです。ふんわりタイプのスカートだったので、完全にひざが隠れる丈がやっぱり今年らしいのかな。と思いました。少しの違いですが、雰囲気が全然変わりますね。

人間は中身が大事とは言うものの、やはり、印象を決めるうえで洋服や髪型は大事だなあと思うのですが、このところ叩かれまくりの稲〇防衛大臣。あの方もあれだけ叩かれるのは、服装や身だしなみによるところも無関係とはいえないようにテレビで拝見するごとに感じます。彼女、初当選されたときは、大変失礼な言い方ですが、『ダサい弁護士のおばさん』だったのに、いつの頃からか、『ぶりっ子ファッションの若作りのイタイおばさん』に変化している。

もともと控えめなお顔立ちながら、上品でかわいらしいお顔なのに、誰に入れ知恵されたのか、ご自分で気づかれたのか、せっかくの上品でかわいらしいお顔立ちをもっと生かさなきゃ。と積極的に出る方向性を間違えた感があると思うのは私だけなのかな。男性社会の自衛隊トップ、防衛大臣というお立場なのに、大きなリボンとか揺れるピアスとか女性らしさを強調しすぎる格好が何となくアンバランスでイタイおばさんに見えてしまうのです。つけまつげとか、巻き髪とか、女優さんじゃないんだし・・・。と意地悪く思ってしまう。やりすぎた若作りのイタイおばさんよりは、初当選当時の地味で真面目そうなダサい弁護士のおばさん(大変失礼な意見です。すみません。)の方が、特に同性の女性からの好感度は高いように思うのだけれども。
私のような者が言うのもおこがましいですが、このところ見るたびに痛々しいと感じてしまうので、大変失礼ながら、好き勝手書かせていただきました。

翻って、日々おばさん化が進む私。せめて、人様から不快感を持たれないよう清潔感のあるおしゃれを目指そう。おしゃれになれない場合でも、あくまで私の個人的感覚では、『ダサいおばさん』と『イタイおばさん』では、周囲への不快度ではダサいおばさんの方がまだましだと思うので、少なくともイタイおばさんにはならないよう気をつけよう。(ダサいおばさんは、ちょっと老けて見えたりするだけで害は少なめだけど、イタイおばさんは、周囲がげんなり不快な気分になると思っているので・・・)とあらためて思うのでした。
DSCN1719

↓↓ぽちっと応援いただけましたら嬉しいです。
にほんブログ村
にほんブログ村
人気ブログランキング

応援ありがとうございます。更新の励みにさせていただいています。

お寺の鐘に癒される

夕方になると、非常時の試験放送と時刻のお知らせを兼ねて、音楽が流れる(夕焼け小焼けとかの童謡が一般的?)地域は多いかと思います。現在、我が家が住む地域。聞こえないだけなのか、そもそもそういう放送をしていないのか、夕方の音楽はなんだかよくわかりません。

その代わりといっては何ですが、夕方決まった時刻になると近所のお寺さんから鐘を撞く音が聞こえてくるのです。「ボ~~ン、ボ~~ン」というのどかな鐘の音がなんとも耳に心地よい。ず~っとのんびり聞いていたいと思わせる音なのです。

この鐘の音を聞いていると、昭和の日本というか古き良き日本の情景みたいなものがじんわり浮かんできて、そのノスタルジックな気持ちと、夕方のちょっと切ないような、もの悲しいようなセンチメンタルな気持ちが相まって何とも言えない気分になるのです。

そして、鐘の音を聞いた後は、ものすごくリラックスできてすっきりした浄化されたような感じ、癒されているのを実感するのです。信仰心も特にないし、お寺の鐘の音に思い入れがあるわけでもないのに、不思議なのですがいったい何なのでしょうねえ。お寺の鐘の音、除夜の鐘は、年が明けるぞ!という高揚した気持ちがあるせいか、癒される音とは感じたことがないのです。何となくせかせかした感じに聞こえるし・・・。

しかし、夕方に撞かれるのんびりとした鐘の音。リラックスして癒されるので、すごく満たされた気持ちにさせてくれます。ヒーリングにお寺の鐘の音。何だかよくわからないけれど、私には結構効果があるようです。
DSCN1628 - コピー

↓↓ぽちっと応援いただけましたら嬉しいです。
にほんブログ村
にほんブログ村
人気ブログランキング

応援ありがとうございます。更新の励みにさせていただいています。

ファッション雑誌、情報が欲しいのに手が伸びない・・・。

最近、すっかり私の生活の一部に溶け込んだといっても過言ではない図書館通い。立地、規模、蔵書共に非常に利用しやすく気に入っているのですが、そういえばほとんど利用しないのが雑誌コーナーなのです。これは、自分でもちょっと意外でした。というのも、私が図書館に通う目的は、いわゆる趣味や娯楽的な読み物を借りるため。勉強などといった崇高な目的はないので、当然いろんな雑誌もたくさん読めて楽しみだわ。と当初思っていたのにもかかわらず、雑誌コーナーにはほとんど足が向かない。

ここ数年、雑誌を購入することはあまりなくなっていたのですが、その理由は雑誌そのものが高くなり、手軽に手にしづらいため遠のいていたのかと思っていました。私の行く図書館、雑誌類も豊富でかなり種類もあるのですが、ごくたまに犬の雑誌を見る程度で、一番見るかなあ。と思っていたファッション雑誌には、こんな恵まれた環境でも手が伸びないのです。どうやらお金の問題ではなかったみたい。自分でも気が付いていなかったけれど、昨今のファッション雑誌自体が、私にとってはそこまで魅力が感じられないようだと言うことが分かりました。

そういえば、ファッション雑誌も売り上げは苦戦しているようですし、方向性を変えて、豪華な付録で売るという作戦も結局のところ、雑誌が売れない苦肉の策ということもあるのかもしれませんね。でも、どうしてなんでしょう。私の場合、ティーンの頃は、セブンティーンやプチセブンに影響を受け、その後、JJ、Cancamを経て、VERY、Domaniと愛読してきたので、気持ち的には、容姿や体型が変わりつつある40代こそ、雑誌をお手本にしたいと思っているのですが、40代向けの雑誌を眺めても何だかピンとくるものがないのです。

美容院で雑誌を手にとっても、何だか途中でもういいかな。と思ったりしますし・・・。洋服、化粧品、お料理、インテリアとファッション雑誌に特集されそうな情報は私も求めているはずなのに。見てもときめかない。自分の女子力が低下していて、そういった情報に鈍感になってきているということもあるのだと思いますが、加えて、なんだかしっくりくる傾向の雑誌が見つからないのです。好みの服装やライフスタイルによって求める情報は違うので、雑誌も種類が分かれていますが、これでもない。あれでもない。自分好みのが見つからない。といった感じなのです。

きっと若い人なら、インターネットで必要情報のみ見られれば良い。という結論になるのでしょうが、雑誌を経験した世代なので、インターネットは便利だけど、雑誌のように自分の知らない情報だったり、新しい発見みたいなものが入ってくることを求めているんですがねえ。求めているのに見つからない、もどかしい思いをしています。ミニマムな思考ということならば、不必要情報は無駄なお買い物の原因になるので良くないのかもしれません。けれど、多くの情報を知ったうえで選び取り、結果シンプルというのが素敵かな。なんて最近漠然と思っているので、たかがファッション雑誌なのですが、「あ~、こういうのが見たかったわ!」というお気に入り雑誌が見つかるといいのですが・・・。
DSCN1628 - コピー

↓↓ぽちっと応援いただけましたら嬉しいです。
にほんブログ村
にほんブログ村
人気ブログランキング

応援ありがとうございます。更新の励みにさせていただいています。

やっと覚えたらまた問題が・・・。

パソコンが苦手です。ブログを書くにあたっても、しばしばおかしなことが起こり(多分、普通の人なら難なくできるのだと思います。)右往左往。せっかく楽しくブログを書こうとしているのに、パソコン関係で息詰まると本当に嫌になり、投げだしたくなります。

私は、デジカメで写真を撮り、それをパソコンに取り込んでブログに載せるのですが、恥ずかしいことに自分でできず、今まで夫にやってもらっていました。しかし、いい加減それくらい自分でできないと、と重い腰を上げて夫指導のもと(たかだか写真の取り込みに大袈裟なのですが、そのくらい私には気が向かない作業でして・・・)実践。

案外大丈夫そう。と思い夫不在のとき自分でやってみるも、見たことのないおかしな画面が出現。焦った時はいじらない方がいいのかもしれませんが、みたことのない画面を消したい一心でめちゃくちゃに操作。さらに謎の画面が出だすという、もうパニック状態に。嫌になり、夫が帰宅するまでほっておくことにしました。

夫に見てもらい、さらにもう一度教えてもらい今度こそ何とかできるように。一人の時も一応ちゃんとできたようで一安心。ホッとすると同時にまたあらたな不安要素が・・・。

この頃ブログを書いている途中になぜだかインターネットが正常に作動しない??的なメッセージがでてくるのです。もう一度勝手に立ち上がりなんとなく復元しているようなのですが非常に不安。私は何か勝手にいじったのだろうか?

パソコン関係はセキュリティ対策なんかも含めて夫が管理してくれているのですが、夫はブログをやっていないのでどうやらこの画面はブログを書くときにだけ現れる模様。実際、私も普段インターネットを見たり、メールをしているときなどは問題がないのです。

ああ、ネット社会のおかげでブログなんかも楽しめるようになったことはありがたいけれど、時代についていけない私にはちょっと悩ましいパソコン問題。今後、ますますこういう問題に直面するのかと思うと気が重い。そんなことを心配するなら、ちょっとはパソコンを勉強しろ。とお叱りを受けそうですが、なかなかそれができないのですよねえ。

DSCN1302 - コピー

↓↓ぽちっと応援いただけましたら嬉しいです。

にほんブログ村
にほんブログ村
人気ブログランキング

応援ありがとうございます。更新の励みにさせていただいています。
プロフィール

tutu_urara

夫の転勤に伴い、日本各地を数年ごとに転居する40代主婦です。各地での暮らし、住まい、お料理、愛犬との思い出などゆるりと綴ります。

スポンサードリンク
ギャラリー
  • パストリーゼを大事に使う
  • やっとつながりました
  • やっとつながりました
  • しばらくお休みします
  • パン屋さんとマスクが入手できたお店
  • パン屋さんとマスクが入手できたお店
  • 大好きなカフェともお別れ
  • 大好きなカフェともお別れ
  • 大好きなカフェともお別れ
記事検索