体のケア

おばさん姉妹、若見えについて語り合う

妹滞在中、一日中おしゃべりをしていましたが、2つ違い、姉妹とも40代ということもあり、老化対策、美容はやっぱり気になるところ。口角泡を飛ばして意見交換、情報交換に励みました(笑)

私たち姉妹は、1年に1度くらいしか会えないので、会った時はお互い昨年との外見の比較を感想として伝えています。友達じゃ言えないし、毎日一緒にいる夫では気づかないと思うので、そこははっきりと・・・。悪いところも。

私が見た妹は、昨年と比べて特に痩せてない(妹は小太りなので、もう少しやせた方がベストなんです。)ことは伝えたけれど、彼女の着ていたショート丈のダウンはスタイルよく見えたからそのことも伝えましたよ。そして、白髪を染めてなかったので、「老けて見える~!」とはっきり言っちゃいました。

そして、一番驚いたのは肌がつやつやしていたこと。あれ、すごく肌が若返った~。と思ったので聞いてみると、ファンケルの洗顔マッサージパフを使ってからとても調子がいいんだそう。彼女の場合、割とオイリー肌なので、きめが整いもちっとしたお肌になっていました。
3701-06[1]
★画像はファンケルさんのホームページよりお借りしました。

40代、お肌が整うと若返りますね~。お化粧のりがいいし、薄めのファンデーションでも大丈夫なので、結果、透明感が出るように感じました。妹の場合、4,5才は若返っていたように思いました。(いやいやびっくり、お肌は30代でした!)ファンケルの洗顔マッサージパフ恐るべし。私も、お肌を整えて透明感を出すべく頑張ろうと思ったのでした。目標は高く、目指すは石田ゆり子サンのような透明感ですな。って、ちょっと目標が高すぎるので、まずは妹のように肌改善を目指したいと思います。

一方、私が指摘されたこと。髪を切ったことでちょっと若返ったらしい。嬉しいです。五十肩で髪が結べずボブを保っているのですが、それが良かったみたい。私は面倒くさがりなので、ボブに切ってもらってもその後、美容院になかなか行かず1つに結んでいることが多いので、意思のないまとめ髪はたるんだ顔を露出して40代にはいけないなあ。(五十肩になる前はそんな感じだったので)と反省。小ぎれいで上品なおばさんを目指すべく、まめに美容院に行かなければ。

あれ、他にも妹からせっかくのアドバイスをもらったかもしれないのですが、思い出せない・・・。まだまだ若見えには道のりが遠い模様です。

お互いの友人達の様子を聞いたりもしました。きれい、若さを保っている友人の共通点。結論としては、「やっぱり手間、暇、お金をかけているよね~!!」ということ。老化を遅らせて若さを維持するには、一朝一夕ではだめなんだなあ。自分の体の変化と向き合って、コツコツ対策していくことが若見えにつながるのね~。とあらためて実感したのでした。

↓ぽちっと応援いただけましたら嬉しいです。
にほんブログ村
にほんブログ村
人気ブログランキング

整形外科で叱られる

さえない話題ばかりですみません。相変わらず五十肩が良くないものでして・・・。夜あまりにも痛くて全然眠れず、体調的にも限界で整形外科に行ってきました。私は、個人的判断であんまり整形外科を信用してなくて、「どうせあれこれ検査されて、結局痛み止めの処方なんでしょ。」といままで整形外科には行っていませんでしたが、痛みに我慢できず、痛み止めの薬をもらいたくて・・・。

当然、行ったからには希望するしないに関わらずまず検査ですね。レントゲンやら血液検査やら・・・。予想通り、レントゲンは問題なく、つまり骨には異常なくいわゆる五十肩だと診断される。整形外科でいうところの肩関節周囲炎です。

しかし、医師からは、「どうしてもっと早く来ないの。こんなに我慢して!肩関節周囲炎から凍結肩になりかかってるよ!!」「凍結肩になっちゃうと、リハビリだってうんと時間がかかるし、最悪手術みたいなことだってあるんだよ。」と叱られました。とほほ。

一応、「何もしなかったわけじゃなくて、整骨院に通っていました。」と言ってみたけど「整骨院にいって余計悪くなる人いっぱいいるんだから。」とさらに叱られましたわ。そんなわけで、痛み止めの注射もされ、痛み止めの飲み薬ももらい、さらにはリハビリの予約もさせられ、ようやく整形外科を後にしたのでした。

今日はリハビリにも行ってきましたが・・・。まあ、だいたい整骨院とやることは似たり寄ったりです。相変わらず肩も腕も上がらない(涙)しかし、整形外科では整骨院をけちょんけちょんにいうし、整骨院も整形外科に対しては結構否定的。いったいどっちが正しいんでしょうねえ。

しかし、五十肩とかだと整形外科、整骨院、整体いろんなところをはしごしてもなかなか治らない。というのはよく聞く話。合う合わないがあるとは思いますけれど、どれも決定打に欠けるんだろうな。いざとなったら医師に相談できるという点では、整形外科は安心なんですが、リハビリなんかに関してはそこまで医師も詳しくない気がする。あくまで私の通っているところですが。おまけに希望も聞かれず検査だの薬だのがどんどん出てくるから高いです。リハビリだけの日も整骨院よりは高かった。

今は痛み止めなしでは日常生活が送れないので整形外科に通い、痛みが落ち着いてきたら整骨院に戻ろうかな。と思ったりしています。痛み止めの飲み薬、結構強くて胃が荒れるそうで、胃薬も一緒にもらっているのですが、そんな強い薬を飲んでも完全に痛みから解放されないんですよねえ。100だった痛みが50になるくらい。飲まないよりかは全然ましだけど。
私の体、ちゃんと元に戻るんだろうか(T_T)
DSCN2432 - コピー
↓ぽちっと応援いただけましたら嬉しいです。
にほんブログ村
にほんブログ村
人気ブログランキング

これが1年も2年も続くなんて…

ブログで何度も愚痴らせていただいている私の五十肩。いやいや、芳しくないんですね~。3歩進んで2.5歩下がるっていった感じです。相変わらず整骨院通いは続けておりまして、最近は一日おき。調子が悪いと毎日。という具合で通っています。ちょっと良くなってきたかなあ。と思うと、また痛みが出て悪化。みたいなことを繰り返してる。

やっぱり簡単には治らないようで、1年とか長い人は2年とかかかるみたい。痛いときは夜も疼いて睡眠不足。よれよれです。私は、一度あわなくて整骨院を変えたんですが、いずれも近所に通っています。ネットなんかで見かける「1回で驚くほど楽になった!こんなに肩が上がる!」みたいな整骨院の宣伝を見ると、胡散臭さは感じながらもこの痛みから解放されるのなら。なんて思わなくもないですが、たまたま治る時期に来ていて、施術もうまい事はまって短期間で治っただけで、基本的にはゴッドハンドみたいなことはないんだろうなって冷静に考えると思います。

時間が経てば痛みは治まるようですが、私の場合、なかなかその日は来ない・・・。痛いとやる気もそがれるし、(ただでさえぐうたらなのに・・・)何より、家事や日常生活でできないこと、片手でやらざるおえないことが増え不便で仕方ない。力仕事だけではないんです。パソコンも腕と肩が痛い動作の一つなので、結構苦しい。

「せめて痛みよ、おさまっておくれ~。」やっぱり無理しちゃったのがいけなかったかな。なんて思います。五十肩は女性の方が多いようですので、肩が怪しい。不穏だ。という方はくれぐれも無理されませんように。ところで、五十肩、原因とかは特にないようですが、いきなりなるというよりは、積もり積もって症状として現れる。いう感じらしいので、運動不足、肩こり、片頭痛なんかの血行不良の人は、なりやすいとまではいいきれないものの、注意した方がいいようです。ちなみに運動不足の人は治りにくいようで、当てはまる私。「痛みが取れたら家でストレッチくらいやってみよう!」と今は思っているのですがねえ。

本文と関係ないですが在りし日の愛犬、ハロウィンのかぼちゃと。昭和な私、ハロウィンっていまだによく訳が分からずなじめない。かぼちゃっていうのが何だか地味だしね。これが栗なら、もうちょっと豪華で美味しそうだから盛り上がる気がする。そういうことじゃないか。飾りつけだってクリスマスの方がずっと好きだなあ。
DSCF2348

↓ぽちっと応援いただけましたら嬉しいです。
にほんブログ村
にほんブログ村
人気ブログランキング

40代が似合う髪型を考える

体の変化を感じる40代。美容院に行ってもなんだかしっくりこないこともしばしば。しかし、街でおしゃれな40代から50代と思われる方を観察すると共通点がある気もする。髪は短め。つややかでお手入れされたきちんとブローされた髪。気は配ってるけど主張は控えめ。あくまで私の好みではあるけれど・・・。

かなり主観も入りますが、やはり年を重ねるとロングヘアには顔も体も負けてくる気がします。そこで、長さはショートとかボブ、せいぜいセミロング程度の髪の面積が大きくなりすぎない、主張しすぎない長さかな。と思います。君島十和子さんのように美人でスタイル抜群なうえ、手間もお金もかけられる方は別として、40代ごろからはどうしても髪のつやはなくなってきますし、よほど鍛えていない限り、重力で体は全体に下に下がってきていますので、目線を上げるためにも、髪は長すぎず小さく高い位置に見せることがスタイルよく、若々しく見せるポイントなのかなと思いました。

髪色は、好みもあるでしょうし、年齢的に白髪も気になるお年頃。諸事情が各自異なるので、ケースバイケースとは思いますが、ポイントは上品さと清潔感でしょうか。上品さ。これは、普通の体型、普通の服装の人の場合、どちらかというと保守的な髪色の方が上品に見えると思いました。やっぱりつやが不足してきたり、髪質も変化が出てくる年齢なので、悪目立ちしない方が上品に見えるし、お手入れも楽なのかなと・・・。そして、清潔感。これは年を重ねてくると、髪型以上に重要なのかな。なんて思います。残念なことではあるけれど、やはりオバサンの髪の毛って客観的に見ると不衛生に見えがち。つやを補うようなケアをする一方、長ければまとめたり、短くてもきれいにブローされ、お手入れしてます感を出すべく常に気を配りたいところ。

で、普通のオバサンで庶民の私。毎月素敵なスタイルにカットしてくれるようなカリスマ美容院へ行く財力はない。でも、小汚いオバサンにはなりたくない。というわけで、最近はお値段リーズナブルな庶民的美容院にこまめに通うよう心がけています。今住んでいるところが下町なので、税込み2700円でカットとシャンプーブローをしてくれるところ見つけました。(体質なのか、今のところ白髪は数本発見される程度なので、美容師さんに短くカットしてもらい染めてはいません。)私は、地味な顔立ちなので、髪型は主張しすぎないボブにしてもらっています。

相変わらず五十肩は痛くて毎日整骨院通い、更年期入り口なのかと思われる変化も感じています。体の変化を上手に受け止め、年齢を重ねる方法を模索中です。最近は、同級生の友人と話しても、体調変化の話題が圧倒的に多い!年を重ねるっていろいろありますね~。
DSCN2433 - コピー

↓ぽちっと応援いただけましたら嬉しいです。
にほんブログ村

人気ブログランキング

しょむない話と整骨院を変えたこと

連日五十肩の話ばっかりでスミマセン。

整骨院で、整骨院のセンセと50代男性患者さんの会話。

センセ)オトコも乳がんってなるんやて。
患者)嘘や~。オトコは乳がんならんて聞いたで~。
センセ)いやいや、冗談でないで。数は少ないけどなるヒトおるんよ。
患者)そうなんや。オトコは乳がんならんて聞いたの地理のセンセやったから間違ったんかいな。英語のセンセに聞いときゃ良かったんかな。
センセ)そやな。英語は先進国やからな。
患者)そや。英語のセンセやったら知っとったな。

カーテン越しに聞こえてきた会話。関西弁が間違ってるところがあるかもしれませんが、だいたいこんな感じ。大阪の下町の整骨院らしい会話でくすっと笑ってしまいました。心の中で「あほらし。なにしょむないこというてんのや!」と突っ込み入れましたけど。

こんな感じで、なかなか楽しい整骨院ではあったんですが、肝心の施術。なんか私にあってない気がする。やることなすこと裏目に出て悪化する感じ??センセはいいヒトだったんですが、別の整骨院に変えました。今度のところは、同じ下町ですが、新しい整骨院で機械もいろいろ導入してます。みたいなところ。前よりは施術があってる気がするけどどうだろう。早く痛みが取れて欲しいです。どちらにしてもしばらくは毎日通わないといけないらしい(涙)

↓ぽちっと応援いただけましたら嬉しいです。
にほんブログ村
にほんブログ村
人気ブログランキング
livedoor プロフィール
スポンサードリンク
ギャラリー
  • 先週の夕ごはん【妹滞在中でも普通のごはんでした・・・】
  • 先週の夕ごはん【妹滞在中でも普通のごはんでした・・・】
  • 先週の夕ごはん【妹滞在中でも普通のごはんでした・・・】
  • おばさん姉妹、若見えについて語り合う
  • 亀田の柿の種を姉妹で検証!?
  • 亀田の柿の種を姉妹で検証!?
  • 妹が来阪してました♪
  • 妹が来阪してました♪
  • 先週の夕ごはん【無垢材テーブル使い始め】