コロナ禍の今、タイムリー?!な本

新聞などで取り上げられていた、コロナ禍の今を予言しているかのような本を2冊読みました。

図書館も日常に戻りつつあって嬉しいですが、長居はしたくないので予約しておき、受け取りに行っています。本当は、ゆっくり本を選びたいけれど、まずは予約からかなあ。
IMG_3935 - コピー
どちらも、新型インフルエンザが日本に入ってくるという設定でお話が展開しています。

「首都感染」は、マスク、防護服、消毒液が不足したり、スーパーの商品が品薄になるといった、今回起こった現象が書かれていてビックリしました。10年くらい前の本なのですが、この頃から予想できた事態なのですね。
高嶋哲夫氏の小説、初めて読みましたが、とても読みやすいのでスイスイ読めます。
内容は、ちょっと物語チックですが、興味深く読めました。
ただ、この本の中に出てくる新型インフルエンザは、致死率が高い設定なので、ヘビーに感じる部分があるかもしれません。コロナの波が来ているときよりは、少し落ち着いている(読者の気持ちが落ち着いている)ときのほうが、入り込みすぎて、落ち込んだりせず読めると思います。

「ナニワ・モンスター」は、新型インフルエンザに罹った人が、その地に住めなくなって引っ越してしまうといった描写があるのですが、まさに田舎ではこういう現象が起きていますので、ああ、こういうことも予想できる事態だったのか。と思いました。
こちら、海堂氏の小説なので安心して読めますし、面白いのですが、途中から海堂氏の十八番とも言える画像診断の話の方に流れていってしまうのが、個人的には残念です。序盤の、診療所でのエピソードがとてもおもしろいだけに、そっちの続きがもっと読みたいのに。と思ってしまいました。

国内に感染症が入ってくるという点で、2冊の本は、コロナ禍の今、いろいろ考えさせられました。
↓応援、励みにさせていただいています。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ
にほんブログ村 犬ブログ 犬のいる暮らしへ

読みたかった本【淳子のてっぺん 唯川恵】

図書館で予約していた読みたかった本が、運良く引っ越し前にまわってきました^^
引越し準備、やるべきことは満載なんだけど、夢中で読みました。

唯川恵さんの「淳子のてっぺん」です。
IMG_2909 - コピー
この本、登山家の田部井淳子さんをモデルに書かれた小説。エッセイではないそうですが、かなり忠実に書かれているのかな。と思われるところもありました。それに唯川恵さんらしいエッセンスが加わり、読み物としても大変面白かったですし、田部井淳子さんの登山家人生にも触れることができ、とっても良かったです。

私は、山登りの知識や経験はゼロなのですが、田部井淳子さんの登山家人生には以前から興味があったので、山登りを知らなくても大変興味深く読めました。

また、著者の唯川恵さんが山ガールでいらっしゃることもあるせいか、山の魅力、自然の脅威なんかも実にリアルに描かれていましたし、何より山への敬意が感じられました。

「山に登る。」という行為が、険しい道を歯を食いしばって人生を歩むことに置き換える想像が働くせいか、田部井さんから励まされるような気がしました。

田部井淳子さんは2016年にご逝去されていますが、まだまだご活躍が見たかったなあ。と本を読んで残念に思いました。

引っ越し前なので、お惣菜のお世話になることも増えてきましたが、冷凍エビ消費で、海老と卵のタルタルサラダを作りました。
アボカドもあったのに、切ったら茶色かったので食べられませんでした('A`|||)
アボカドって本当に選ぶのが難しい。
IMG_2916 - コピー
↓応援、励みにさせていただいています。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ
にほんブログ村 犬ブログ 犬のいる暮らしへ

最近読んだ本

近頃、本を買う機会が激減して、もっぱら図書館のお世話にばかりなっている私。
すっかりケチおばさんになってしまって、図書館で読んで気に入ったら購入というスタンスになっています。

私が住むところは、市内に複数図書館があるのですが、本の予約は市内一括管理なんです。だけど、自分の最寄り図書館に新刊が入ると、どうもその管轄の予約者が優先されるようで、ネットの画面上何十人も待ちがあったはずなのに、急に回ってくることもあるんです。

このところ、立て続けに予約した本が回ってきて嬉しい悲鳴・・・。
予約の本は、次の予約者がいらっしゃることがほとんどなので、延長貸し出しもできず頑張って読むのみ。
年末が近づいて、お役所仕事の図書館は予算を消化してるのかしら?!
まあ、早く回ってきてラッキーということで。

「未来の地図帳」
かなり話題になった、未来の年表シリーズの姉妹本と言ったら良いのでしょうか。
日本の地域ごとのデータや予測などが書かれています。
これを読むと、本当にこの国に明るい未来は描けないのだけれど。
いろいろと考えさせられます。
IMG_2260 - コピー
「希望の糸」
大好きな東野圭吾さんの新作!それも大好きな加賀恭一郎シリーズです!!
本当に、東野圭吾さんのお話は引き込まれます。伏線もさすがだし・・・。
読みやすいのは、東野圭吾さんが素晴らしく頭がいい方で、自分の文章を客観性を持って見ることができて、ストーリーも完璧に整理しているからなんだろうなあ。と思います。
昔の加賀恭一郎シリーズも読みたくなって、「赤い指」「祈りの幕が下りる時」「どちらかが彼女を殺した」を久しぶりに読みました。
頭が悪い私。何度も読んでるし、袋とじも読んでるのに「どちらかが彼女を殺した」の犯人がいまだにわからない('A`|||)
IMG_2444 - コピー
「貧困専業主婦」
専業主婦の私。センセーショナルなタイトルに惹かれて読んだのですが、納得できる部分もあるけれど、いまいち腑に落ちない部分もあり、宙ぶらりんな気持ちのまま読み終えました。説得力に欠ける内容という印象。
IMG_2446 - コピー
「犯人に告ぐ3」
犯人に告ぐ2の続きです。1からも登場人物は続いていますが、特に、2からは事件の内容もつながっているので、2を読んだあとに3を読むといいと思います。
私も、1と2を読み直してから3を読みました。
スイスイ読めて引きこまれますが、犯人に告ぐシリーズは、内容的にもうこれが最後かしら?と思っていたら、まだ続く終わり方でした。それがちょっとびっくりしたかな。
登場人物は継承しても、場面というかシチュエーションとかは仕切り直しなのかな。と思っていましたので。
このシリーズ、面白いのでまだ続くのは楽しみです。
IMG_2496 - コピー
↓応援、励みにさせていただいています。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ
にほんブログ村 犬ブログ 犬のいる暮らしへ

最近読んだ本と、一人のお昼ごはん

定期的に図書館で本を借りています。
予約していたものを取りに行くこともあるし、ふらっと行くこともあります。

本が売れないと言われているご時世に、借りてばかりで申し訳ないのだけれど。
最近は、よほど読みたい本以外は、図書館で借りて読んで、手元に置きておきたいな。と思ったら購入する感じです。

林真理子さんの「愉楽にて」
やっと回ってきました~。
日経新聞に連載されていて、内容的にも渡辺淳一センセイの「失楽園」を彷彿とさせるかな。
と思いましたが、いやいや林さんらしさがよく出ていました。
人間を観察して、それを文章に描写するのが本当にうまい作家さんですね。
内容の本筋とは違うところだけど、最近の林さん、特に高齢者の描写がリアリティにあふれているように思います。
IMG_2060 - コピー
群ようこさんの「パンとスープネコ日和」の続き。「福も来た」と「優しい言葉」
このシリーズ、私にはリラックス効果があるようで、心がほぐれて安らいだ気持ちになるので気に入っています。
IMG_1952 - コピー
のんびり一人のお昼ごはん。
たっぷりの卵液につけたフレンチトースト。美味!
栗原はるみさんの、昔の雑誌にのっていたコンデンスミルクを入れるフレンチトーストを思い出し、適当に作りました。
卵、牛乳に、お砂糖の代わりにコンデンスミルクを入れた液にパンを浸しました。
食べた後は、お茶を飲みながらのんびり読書です♪
IMG_2070 - コピー
それにしても暑いですね~。
このところ、昼間も夜もまたクーラーが必需品となっています(T_T)

↓応援、励みにさせていただいています。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ
にほんブログ村 犬ブログ 犬のいる暮らしへ

ゆったり流れる時間がいいな【群ようこ パンとスープとネコ日和】

群ようこさんの「パンとスープとネコ日和」を読みました。
何年も前に刊行されて、ドラマ化もされたようですが、私は初めて読みました。
IMG_1899 - コピー
小説自体は、ゆるりとした気持ちでサクッと読めちゃいます。お話の中のほんわかした空気感がなんともいい。
ゆったり流れる時間。日々を丁寧にシンプルに暮らす主人公の姿勢。
日常の中に幸せを見つける大切さが伝わってきます。

お話の中に出てくるカフェに行ってみたいな。ネコのたろちゃんにも会いたいな。素敵なんだけど親しみやすい。なんだかとても親近感が湧くのです。

猫好きであろう群ようこさんの猫に関する知識とか、お料理に関する知識の深さが嫌味なくサラリと書かれているのも楽しいです。

全体的にはほんわかした内容なんですが、最後は涙が・・・。

続編「福も来た」「優しい言葉」も読んでみたい。ゆったり流れるこの時間をまた味わいたいです。

↓応援、励みにさせていただいています。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ
にほんブログ村 犬ブログ 犬のいる暮らしへ
プロフィール

tutu_urara

夫の転勤に伴い、日本各地を数年ごとに転居する40代主婦です。各地での暮らし、住まい、お料理、愛犬との思い出などゆるりと綴ります。

スポンサードリンク
ギャラリー
  • 先週の夕ごはん【うなぎは、一日でも遅れると貴重感が薄れる気が】
  • 先週の夕ごはん【うなぎは、一日でも遅れると貴重感が薄れる気が】
  • 先週の夕ごはん【うなぎは、一日でも遅れると貴重感が薄れる気が】
  • 先週の夕ごはん【うなぎは、一日でも遅れると貴重感が薄れる気が】
  • 先週の夕ごはん【うなぎは、一日でも遅れると貴重感が薄れる気が】
  • 先週の夕ごはん【うなぎは、一日でも遅れると貴重感が薄れる気が】
  • 先週の夕ごはん【うなぎは、一日でも遅れると貴重感が薄れる気が】
  • 適当弁当と、ちびおばさんの夏の服
  • 今週の作りおき
記事検索